新着記事

2016.02.06 Saturday

赤ちゃんが寝ない!!ずっと抱っこ育児、いつまで続くの!?その2


  1. HOME
  2. 子育て・教育(育児の悩み)
  3. 赤ちゃんが寝ない!!ずっと抱っこ育児、いつまで続くの!?その2


前回の記事
赤ちゃんが寝ない!!ずっと抱っこ育児、いつまで続くの!?その1


新生児期が終わる頃、生後大体一ヶ月を境に、生活のペースというのが掴めてきます。

生活のペースが掴めてくると言っても、それは単なる「慣れ」であって、この頃から赤ちゃんがぐっすり寝てくれるわけでも、泣き止んでおとなしくなってくれるわけでもありません。
むしろ私の息子の場合、生後一ヶ月の頃が一番寝なかったように思います。



最初に楽になる瞬間


それでもやっぱり慣れというのは凄い。
自分なりに手を抜く方法だとか、うまくやる方法だとかが掴めてくるのです。
そして何より、帝王切開や会陰切開を行った方は、少し傷の痛みも引いてくる頃。正直、それが一番大きいと思います。


産後間もなく傷も癒えないまま、すぐに寝不足スパイラルの地獄に放り込まれていたママさんにとって、体力が回復してくるというだけでも大きな力になると思います。

まだ新生児期で慣れない育児に苦しんでいるママさん達、とりあえずは一ヶ月です。
一ヶ月すれば体力もかなり戻ります。寝不足で体力なんてプラマイゼロよ〜、なんて思うかもしれませんが、痛みがマシになるというだけで随分とマシに思えるはずです。
とりあえずは一ヶ月を目指してがんばってみてください。

目次にもどる

首がすわるまで


新生児期が終わる頃には、赤ちゃんも母乳の飲み方が板についてくる頃かと思います。
私は幸いにもそれなりに母乳が出たので、この頃はミルクとの混合でした。
完ミの方には参考にならないので申し訳ないのですが、添い乳に本当に助けられました。
添い乳の方法は検索すれば出てくるかと思うので、自分に合ったスタイルで是非試してみてください。

添い乳に関しては確かに賛否両論あります。
しかし、自分も一緒に横になれるというのは、本当に有難いことです。
何より寝てくれるんです。母乳を飲んでいる間は寝てくれる。
ずっと抱っこして、ゆらゆらして、歩き回らなくてもいいのです。

私は生後一ヶ月から、寝かしつけの時はこれで乗り切りました。
もしまだ添い乳を試されていないようでしたら、是非やってみてください。
もちろんそれぞれのご家庭によって育児の方針を違いますので、強要するつもりはありません。

ついでに完ミの方には何も参考にならなくて申し訳ありません。

目次にもどる

添い乳以外にも、役に立つアイテム


寝不足で疲れて、ママさんが倒れてしまっては意味がありません。
使えるものはとにかく使いましょう。

完ミの方にも使えるかもしれないのがおしゃぶり。
赤ちゃんの好みもあるので一概に良いよ、とオススメはできないのですが、うちの子には当たりでした。
日中起きている間、泣いて泣いてどうしようもなくなった時はくわえさせると一時的に泣き止んでくれたり、場合によっては寝てくれることも。

歯並びが〜とか、癖になるから〜なども言われているので、これに関しても強要するつもりはありません。
とりあえず、まだ歯が生えるまでには時間があるし、泣き止んでくれるなら…と藁にもすがる思いで私は購入しましたが、十ヶ月になろうとしている今、息子はもうおしゃぶりを必要としていません。
癖になる云々は、赤ちゃん次第なのではないでしょうか。

もうひとつ赤ちゃんが寝てくれるアイテムとして、スウィングラックがあります。
私は出産祝いで手動のものをいただいたので、それに寝かしつけましたが、これがまあよく寝てくれるのです。
電動のものもあるので、こちらなら少しの時間であれば子守をしてもらいつつ家事を、なんてこともできるんじゃないでしょうか。

それにしても、どちらも少々値が張るものなので、赤ちゃんに合わなかったらもったいないですよね。
リサイクルショップやレンタルを利用してみるのも手ではないでしょうか。

目次にもどる

次回の記事では、私達夫婦が魔法の袋と呼んでいる、赤ちゃんぐっすりアイテムをご紹介します。



JCBビジネスプラスゴールド、★被リンク家庭教師の個人契約はサポート万全車酔い 対策

フクロウ 開運グッズ/可愛いネコちゃんのアイテム、グッズおすすめです/●リンク/リンクとは/

リンク
リンクシステム車酔い 即効 対策ブランディングガメキャッシング相談所ひろぴーのfxマウンテンブログ株式投資


シェアする


こちらの記事も読まれています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント

コメントする