新着記事

2016.03.14 Monday

【子供の英語教育】小さな子供でも簡単にできる英語の手遊び歌、「BINGO」


  1. HOME
  2. 子育て・教育(教育)
  3. 【子供の英語教育】小さな子供でも簡単にできる英語の手遊び歌、「BINGO」

幼いうちから英語に慣れ親しんでほしいけれど、いったいどんな事から始めればいいんだろうってママさん達も多いはず。
そんな時はまず、簡単な手遊び歌から始めてみるのはいかがでしょうか。


子供に一方的に与えるだけの教育より、親子で楽しんで学ぶ方がお子さんも英語の世界に入りやすいはず。
パパさんママさんも是非、一緒にやってみてください。

以前の記事で「Skidamarink」という簡単な手遊び歌をご紹介しましたが、今回はそれよりも更に簡単にできる手遊び歌、「BINGO」という歌をご紹介したいと思います。

まずはYoutubeの動画をいくつか。
どれも基本的なルールやメロディー、歌詞は一緒ですので、お好きなアレンジやアニメーションのものを選んで楽しんでみてください。











動画でなんとなくルールはご理解いただけたかと思います。
では、歌詞を見ていきましょう。

There was a farmer had a dog
and Bingo was his name-o.
B-I-N-G-O
B-I-N-G-O
B-I-N-G-O
And Bingo was his name-o.


以下、5回繰り返しです。

遊び方は簡単。
「B-I-N-G-O」
の部分になったら、繰り返しの度に一文字ずつ消していき、代わりに手を叩いたりお膝を叩いたりなどの動作に置き換えていくだけ。

1番は
「B-I-N-G-O」
と普通に歌いますが、二番は
「×-I-N-G-O」……×の部分は手を叩く
三番は
「×-×-N-G-O」
…といった具合です。

とっても単純なルールと覚えやすいメロディですので、説明するよりも動画を見ていただいた方が早いですね。

ちなみに歌詞の意味は

犬を飼ってた農家のおじさん
その犬の名前はビンゴって言うよ
ビンゴ
ビンゴ
ビンゴ
その犬の名前はビンゴって言うよ


です。そのまんまですね(笑)

「name-o」
という表現が気になりますが、これは曲に韻を合わせるために「o」を付けただけですので、特に意味はありません。

日本語の意味自体もとても単純ですので、小さなお子さんでも簡単に覚えられる英語の手遊び歌だと思います。

是非ご家族みんなで楽しんで歌ってみてください。


シェアする


こちらの記事も読まれています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント

コメントする