新着記事

2016.03.15 Tuesday

【子供の英語教育】親子で楽しむ英語の手遊び歌、「Itsy Bitsy Spider」


  1. HOME
  2. 子育て・教育(教育)
  3. 【子供の英語教育】親子で楽しむ英語の手遊び歌、「Itsy Bitsy Spider」

幼いうちから英語に慣れ親しんでほしいけれど、いったいどんな事から始めればいいんだろうってパパやママは多いはず。そんな時はまず、簡単な手遊び歌から始めてみるのはいかがでしょうか?


子供に一方的に与えるだけの教育より、親子で楽しんで学ぶ方がお子さんも英語の世界に入りやすいのでオススメです。
是非親子で一緒にやってみましょう。

今回ご紹介するのは「Itsy Bitsy Spider」(小さなクモ)という曲。
雨どいを登るクモの歌で、アメリカでは手遊び歌の定番曲です。


今までの記事では
「Skidamarink」
「BINGO」
のふたつをご紹介してきました。こちらも併せて楽しんでみてください♪

まずはYoutubeの動画をいくつか。
どれも基本的なルールやメロディー、歌詞は一緒ですので、お好きなアレンジやアニメーションのものを選んで楽しんでみてください。










手遊びのやり方についてはこの動画がわかりやすいかと思います。


両手の親指と人差し指をぴんと伸ばし、相互の手の親指と人差し指をくっつけ、四角を作ります。カメラのファインダーを覗く身振りをする時の形と言えばわかりやすいでしょうか。
その形を基本に、一方の親指と人差し指を軸にくるくると手を回してクモの動きをマネしていくのですが…うーん、文章ではいまいち伝わらないですね(笑)是非動画を見てみてください。

それでは歌詞をご紹介します。

The itsy bitsy spider
Crawled up the water spout.
Down came the rain
And washed the spider out.
Out came the sun
And dried up all the rain.
And the itsy bitsy spider
Crawled up the spout again.


メロディーは日本でもお馴染みの「静かな湖畔の森の影から〜♪」に似ていて覚えやすいですよね。

しかし問題は歌詞です(笑)
「The itsy bitsy spider」
の部分は語呂もいいので歌いやすいのですが、
「Crawled up the water spout.」
の部分は大人でもちょっと難しいかも。

日本語の意味はこんな感じ。

小さなクモさん
雨どいを登るよ
雨が降ってきて
クモさん流し出された
太陽登って
雨が乾いたら
またまた小さなクモさん
雨どいを登ってくよ


歌詞自体は単純なんですけどねぇ。

手遊びも小さな子供にとっては動きが複雑に思えるかもしれないので、ある程度他の簡単なお歌に慣れてから挑戦するのがいいかもしれないですね。
……と、いうより大人の方が歌ってあげる前にある程度練習が必要だと思うので、大人こそ他の簡単な歌に慣れる必要がある上級ソングです(笑)


シェアする


こちらの記事も読まれています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント

コメントする