新着記事

2016.03.18 Friday

【子供の英語教育】親子で楽しむ英語の童謡、本当はちょっと怖い「London Brigde is Falling Down」


  1. HOME
  2. 子育て・教育(教育)
  3. 【子供の英語教育】親子で楽しむ英語の童謡、本当はちょっと怖い「London Brigde is Falling Down」

今回ご紹介するのは、日本でも「ロンドン橋落ちる落ちる落ちる〜♪」のフレーズで有名な、「London Brigde is Falling Down」。

英語圏のみならずメジャーな童謡ですが、実はちょっと怖い都市伝説があったりもします。


そんなちょっと怖い都市伝説のお話も交えつつ、いつものように歌詞や動画を紹介していきたいと思いますが、単純なフレーズに親しみのあるメロディで歌いやすい童謡だと思いますので、あまり深い意味を考えずに親子で楽しんでいただけたらなぁと思います。

今までの記事では
「Skidamarink」
「BINGO」
「Itsy Bitsy Spider」
「Ten in the Bed」
の4つをご紹介してきました。こちらも併せて楽しんでみてください♪

まずはYoutubeの動画をいくつか。
どれも基本的なルールやメロディー、歌詞は一緒ですので、お好きなアレンジやアニメーションのものを選んで楽しんでみてください。













続いて歌詞のご紹介です。

London Bridge is falling down,
Falling down, Falling down.
London Bridge is falling down,
My fair lady.


イギリスでは「falling down」の部分を「Broken down」と歌う方が一般的なようです。

二番以降は色々な歌詞が出回っていますので、動画を見ながら様々なバージョンで歌ってみるのがいいかも。
英語もいたってシンプル。特に難しい言い回しもないので、小さなお子さんでも無理なく口ずさめると思います。

さて、この歌の歌詞の日本語訳ですが、

ロンドン橋落ちる
落ちる 落ちる
ロンドン橋落ちる
かわいいお嬢さん


こんな感じ。

橋が落ちる落ちるからのかわいいお嬢さん??
不思議な流れですよね。

それに、かわいいお嬢さんって誰のことなんでしょうか?

これには冒頭で述べたように、少し怖い都市伝説があるようです。

ロンドン橋は歌詞の通り、洪水などの天災で実際に幾度となく壊れているそうです。
この歌はそれを表した歌ということらしいのですね。

で、そういった災害から橋が落ちることを防ぐために人身御供、いわゆる人柱ってやつが立てられることになりました。
その人柱こそが「My fair lady」なのではないか、という説があるのです。

実際昔の大掛かりな建築には人柱を立てることは一般的だったようなので何も不思議ではないのですが、しかしロンドン橋の歌詞に関してはこれだけだとちょっと強引なこじつけのような気もしますよね。

しかしこれを裏付ける歌詞が二番以降に隠されているのです。

Build it up with silver and gold,
Silver and gold, silver and gold,
Build it up with silver and gold,
My fair lady.

Silver and gold will be stolen away,
Stolen away, stolen away,
Silver and gold will be stolen away,
My fair lady.

Set a man to watch all night,
Watch all night, watch all night,
Set a man to watch all night,
My fair lady.


これが本来の2番以降の歌詞。

意訳になりますが日本語の意味はこう。
銀と金で橋を建てよう
しかし銀と金の橋では盗まれてしまう
寝ずの番人を置こう
マイフェアレディ


寝ずの番人……つまり、人柱のことを指すのではないか、ということですね。

軽快なリズムの歌にこんな悲しいお話があると思うとちょっと歌うことに気が引けてしまうかもしれませんが、でもまぁ普通に聞いただけではそこまで深読みすることもないと思いますので、お子さんと一緒に歌っても問題ないかと思います。

むしろ歴史的なお勉強になる……かもしれない???


シェアする


こちらの記事も読まれています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント

コメントする