新着記事

2016.04.15 Friday

熊本で地震…「18」の数字の謎と、2062年から来た未来人


  1. HOME
  2. 不思議・オカルト(その他)
  3. 熊本で地震…「18」の数字の謎と、2062年から来た未来人

4月14日の昨晩、熊本で最大震度7にもなる巨大地震が発生しました。

震度7にも及ぶ揺れは、およそ五年前の東日本大震災以来のこと。
未だ大きな余震が続き、現地の方々の安全が心配されます。

津波こそないものの、家屋が倒壊しけが人、死者も大勢出ました。
犠牲になった方々にお悔やみを申し上げると共に、怪我をした方々の回復を願います。

さて、そんな今回の地震について、様々なオカルトめいた話が出回っているのはご存知でしょうか。

今回は地震にまつわるいくつかの都市伝説をご紹介していきたいと思います。



謎の数字、「18」と大型地震についての関係


都市伝説好きの方なら聞いた事があるかもしれないこんな噂、ご存知ですか?

「巨大地震が起こった日付の数字を合計すると、18になる」

一体どういうこと?という方々のために、今まで起こった巨大地震について見てみましょう。

サンフランシスコ大地震……1989年10月17日発生。月日の数字を足すと1+0+17で18になる。
ロサンゼルス大地震……1994年1月17日発生。月日の数字を足すと1+17で18になる。
阪神淡路大震災……1995年1月17日発生。月日の数字を足すと1+17で18になる。
パキスタン大震災……2005年10月8日発生。月日の数字を足すと10+8で18になる。
四川大地震……2010年5月12日発生。年月日の数字を足すと2+0+0+8+5+1+2で18になる。
青海地震……2008年4月14日発生。月日の数字を足すと4+14で18になる。
カンタベリー地震……2011年2月21日発生。年月日の数字を足すと2+0+11+2+2+1で18になる。
東北地方太平洋沖地震……2011年3月11日発生。年月日の数字を足すと2+0+11+3+1+1で18になる。
静岡県東部地震……2011年3月15日発生。月日の数字を足すと3+15で18になる。

計算のパターンがバラバラでなんだかこじつけ臭い感じもしますが、ここまで揃うとなんだか不気味ですよね。

そして今回の熊本の地震。

2016年の4月14日発生……
月日の4+14でも18になるし、年月日の2+0+1+6+4+1+4でも18になる!?

これは偶然なのかこじつけなのか、それとも何か意味があるのか……?

目次にもどる

そもそも「18」とは何を意味しているのか


キリスト教にとって不吉とされている数字がふたつあります。

ひとつは「13」。
13階段とか13日の金曜日とか、確かになんか不吉な数字として扱われてるってのはわかるんですけれど、日本人からしたらあまり馴染みがないですよね。
むしろ日本人は「4(死)」とか「9(苦)」とか、漢字に当てたときあまりいい意味を持たない数字を嫌っています。げんかつぎですね。

この「13」、不吉とされている理由は諸説ありますが、ひとつはきりが悪い数字だからということ。
キリストの12使徒や12の月、時間など人間が身近にしている数字より1つ多い数であり、人間にとって未知の数字であるという説。そういわれるとなんとなくキリが悪い?
もうひとつは、イエス・キリストの最後の晩餐がイエス本人と12人の弟子、つまり13人で行われたという説。
おー、確かに不吉だ。こりゃ不吉ですわ。だって最後の晩餐だし。うん。

さて、これだけ引っ張りましたが「13」が不吉ということは今回全く関係ありません。
な、なんだってーーー!!

「13」というのはただの前フリなので置いておいて、重要なのはもうひとつの不吉な数字「666」。
この「666」を足してみてください。
6+6+6……

じゅ、18だっ……!!

この「666」という数字、聖書のヨハネの黙示録という部分に登場します。
何故不吉かといわれたら「聖書に書いてあるから不吉なもんは不吉なんです」というのが答えなのですが、それだけだとあれなのでものすごくかいつまんでヨハネの黙示録について説明します。

この世が終わるって時に海から「角が10本、頭が7本」のなんかすごい獣が出てきます。角の振り分けどうなってるんですかね?それぞれの頭に1本だとしたら三本余るし、ひとつの頭に云々。
このなんかすごい角の振り分けがよくわからない獣は、この世界を42ヶ月もの間支配します。 よく世界征服とか支配とか聞きますけど結局支配されたら人間の生活ってどうなるんですかね。ポルポトみたいなんだったら勘弁してくれって感じですが、案外そんなに生活って変わらないんじゃないか云々。
そしてその獣が、神に反逆するものに刻印したのが「666」ということらしいです。無宗教の日本人みんな666。
とりあえず、神を侮辱し悪魔を称える数字なのだとか。

聖書の中の話はおいておいて、聖書学的に「666」というのはキリスト教を迫害したローマ皇帝ネロを暗号的にあらわした数字ということらしいです。

wikipediaによると

『新約聖書』の『ヨハネの黙示録』に獣の数字「666」について記述がある。この数字は「皇帝ネロ」を指すとされるもので、自由主義神学の高等批評による聖書学で最も支持されている説である 。 つまり、皇帝ネロ (Nero Caesar) のギリシア語表記 (Νέρων Καίσαρ, Nerōn Kaisar) をヘブライ文字に置き換え (נרון קסר, Nrwn Ksr)、これをゲマトリア(カバラ的な数値化)したその和が666になるというものである。この一説は直前の皇帝崇拝らしき記述とも意味的に整合するとしている。


ってことなので、つまりこれ、皇帝ネロに対するただの悪口でござる!

同人誌的な感じのもので嫌いな奴をこっそりディスったら、後世で深読みに深読みを重ねられてなんかとりかえしのつかんことになってしもた……って感じですよね。作者の心情的に。STAP細胞のオボちゃんみたい、いや違うか。

まぁまぁそんなことはさておいて、なぜ狙ったように、不吉といわれる数字の日に大きな地震が起きているのでしょうね?

目次にもどる

人工的に地震を起こすHAARP(ハープ)


これまた都市伝説やオカルト好きには広く知れ渡っている、人工的に地震を起こす(かもしれない)HAARP(ハープ)というとんでもない装置をアメリカがアラスカ州に設置しているというのはご存知でしょうか。

表向きは高周波活性オーロラ調査プログラムといって、地球の電離層と地球近傍の宇宙環境で発生する自然現象を探求し……ええいめんどくさい!wikipediaでも読んでくれたまえ!!

このHAARP。実はオーロラ観察なんて暢気なことやってるんじゃなく、人工的に地震を起こしているというトンデモ陰謀論説があるっていうのだからたまったもんじゃありません。

そして、HAARPが起こした人工的な地震の発生日こそが件の「18」になる日付に起こった地震と言われています。うっさんくっさいなぁ

いやこれがマジでHAARPの実験的に起こした地震っていうのならやりすぎやでアメリカさん!!!

しかも日本ばっかり狙いすぎだし、熊本まで……もう日本のHPは0です。やめてください。

目次にもどる

今日はついにあの日ですよ!


みなさん、2062年から来た未来人のお話はご存知でしょうか。

2010年から2012年にかけ、2ちゃんねる現れた、「(自称)2062年から来た未来人」。
詳しい流れは
2062年から来た未来人完全版
にとても詳しくまとめてあるので、見てみてください。

この2062年氏、なんと2011年11月時点で、3.11を予言しているというのです。
Q.あなたの時代までにあった歴史に残るような大きな自然災害(2011〜2062年)を
いくつか教えてください
A.自然災害に関しては、言う事が許されない。人口動態変化に繋がる事は言えないのだ。
ただし、忠告しておく。yあ 間 N意 埜 b於 レ
(⇒山に登れ)
(2010/11/14)
【311的中?】おれ、未来(2062年)から来たけど、なんか聞きたい事ある?【未来人?】 - NAVER まとめ

そしてまさかの、今回の熊本の地震も予言していた…?

Q.未来人さんに、行き先を“2010年11月”という瞬間に選んだのか
意味があるなら教えてください
A.理由は言う事が許されない。しかし、2010年11月だけではない。
今回の任務が完了したら2016年4月15日へ行く。また会えたらいいな。
(2010/11/16)

先輩方、2010年11月以来お久しぶり。
IDは適合しているだろうか。 データを少々軌道修正。
2016年4月、非常に大事な事を伝えに行ったが困惑した。
的確で冷静な判断を頼む。
(2011/7/22)
【311的中?】おれ、未来(2062年)から来たけど、なんか聞きたい事ある?【未来人?】 - NAVER まとめ

そして本日はいよいよ約束の2016年4月15日。

お昼頃、2ちゃんねるには2062年氏と思われる人物からの書き込みがあり、再び夜に現れるとのことです。
http://hayabusa6.2ch.net/test/read.cgi/occult/1460684151/584
先日の熊本の地震のこともあり、どういったことが書き込まれるのか期待が集まっています。

本人かどうか、または釣りかどうかの真偽はさておき、楽しみですね。

目次にもどる


シェアする


こちらの記事も読まれています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント

コメントする