新着記事

2016.04.17 Sunday

夏に向けてダイエットなんてやってられないデブ諸君、せめて見苦しく見られない努力をしようではないか。


  1. HOME
  2. 気になるコト(美容関係)
  3. 夏に向けてダイエットなんてやってられないデブ諸君、せめて見苦しく見られない努力をしようではないか。

今回の記事はひたすらデブデブと連呼します。ガラスのハートで豆腐メンタルなとってもナイーブデブの皆様には少々刺激が強いかもしれませんので閲覧の際は注意してください。


みなさんこんにちは。意識の低いデブこと筆者のうどんこです。
どのくらいの意識の低さかというと元々デブのくせにぽっちゃりと言い張り、妊娠中さらに太った挙句、痩せると言われる母乳育児にも関わらず産後も太り続けるほどの意識の低さです。

でも母乳だからダイエットとかできないしフガフガなんて言い訳の元今日も元気に食う寝る太る。……そろそろ夫もこの醜いデブなんとかしないとと思ってるはず。

さあ、そんな筆者と同じく、痩せる気があるんだかないんだか良くわからない意識の低いデブのみなさん。

どうせ今年も痩せる痩せると口だけならば、せめてデブはデブらしく見苦しく見られない努力をしていこうではないかというのが今回の記事です。

意識の低さはピカイチですが痩せていた頃はアパレル勤務歴もあるので(本当です。まじで。本当なんですって。)なんかそれっぽいアドバイスをします。しかし今は所詮意識の低いデブですのでそれっぽいアドバイスにしか聞こえません。デブだと説得力すらなくなります。なんてこったい。



身だしなみに気を付ける


正直デブはデブというだけで不潔に見られがちです。
確かに何かと汗をかいては服を湿らせ、顔に髪の毛が張り付き、油切った顔がテカテカしている。

いや、確かに極論かもしれないけれど、そんなデブが多いことも事実なわけで。こんなの不潔に見られないわけがないですよね。筆者も部屋の中ではそんな状態でブヒブヒしています。やばいです。

とにかく心当たりがあるなという方。これから夏に向けて特に上記の状態はひどくなるのですから、家の中はともかく外出する時は最低限の身だしなみを整えましょう。

まずは汗。気替えを持ち歩く、こまめに汗は拭き取るなど、衣類に汗が滲んでいるという見るからに不潔っぽい状態は極力避けるべきです。

自分自身の経験から汗っかきのデブに効果があるのかないのかイマイチよくわからない、というのが本音ですが、制汗剤を使うのも手です。

汗を抑えられるかどうかはさておき、臭いは抑えられます。
デブは皮脂が分泌されやすいので体臭がキツイ人が多いです。不快な体臭をさせないことも見苦しくないデブを目指すための第一歩ですので、汗対策と共に臭い対策もバッチリやっておきましょう。

オススメの制汗剤一覧を紹介しているところを見つけましたので参考にしてみてください。
ワキ汗おすすめ制汗剤ランキング

当ブログでも過去に臭い対策について2つほど記事を書いています。
体臭からニキビ・イボやかゆみにまで!?ピロエース石鹸がすごすぎる!
夫婦で要注意!臭い対策の意外な落とし穴

次に気を付けたいのが見た目。
髪の毛ボサボサだったり服がヨレヨレボロボロだったりしたらもう目も当てられません。

でもデブの人ってそんな人が非常に多いんですよね、残念なことに。
恐らくデブの時点で完全に見た目を捨てているのだと思いますが、「自分デブですから」なんて全てにおいてデブを言い訳にしていないで、せめてまともな服装はしておきましょう。

・ボロボロ、ヨレヨレ、黄ばみ、色あせ、毛玉があるような服は着ない
・髪型は清潔感のあるものを

これだけを気を付けるだけでかなり印象のいいデブに生まれ変わります。

更に印象のいいデブになるために必要なのは笑顔です。
柳原可奈子しかりアジアンの馬場園ちゃんしかり、印象のいいデブはニコニコ明るい笑顔です。



太っているとそれだけで卑屈で内気になり、表情に出やすいですが、とにかく笑う努力をしましょう。

目次にもどる

印象のいい髪型


デブになると髪型を気にしなくなったり、丸々太った顔を隠すために長髪にしがちですが、男性においても女性においても長髪はかえって不潔感を増すだけです。
特に女性はロングヘアだと、汗で爆発しがち。首元に張り付くのも見苦しいですし、思い切って短くしてしまいましょう。

男性で長髪デブでなんか不潔っぽく見える代表と言えばホンジャマカの石ちゃん。

うーん、なんでこの髪型なんでしょうか。無造作ロングヘアは痩せている人がやれば確かにフツメンでも雰囲気イケメンになれますが、

(この人はイケメンだと思います。はい。)
デブがやると最悪です。無造作ヘアはただのボサボサヘアになるだけです。
更に石ちゃんのこのボサボサ眉毛もなんかもさいですし、明るい髪色との差も不自然です。

女性であまり印象の良くないデブ言うと渡辺直美。
彼女の場合まず髪型以前に似合わないメイクとか服装とか色々問題があると思うのですが、

ショートボブや髪をアップにしている時は可愛らしいのに



長い髪を下ろすとなんだかボサボサもっさりした印象になってしまいます。

男性のデブでどうしても長髪にしたいという方は、顔に髪がかからないように。
極端な例ですが伊集院光なんかはそれなりに長い髪ですが前髪を上げているおかげで不潔っぽい印象はありません。


デブに似合う髪型をかなり詳しく紹介しているところをみつけましたので参考に。
デブに似合う髪形決定版!カッコよくするにはイカした髪型だった!?|JOOY [ジョーイ]
ここはすごいです、かなり的確です。丸顔カバーのためにサイド長めとか、これ言ってるお前絶対痩せてる人間だろって感じのわけわかんないアドバイスじゃなくてデブによるデブのためのデブ目線の記事です。

一方で女性のデブに似合う髪型は、やたらサイド残して丸顔カバーのふわふわロングヘアにさせたがりますが、そんなのデブの理想と妄想で実際にやると余計頭部がでかく見えるのでやめましょう。
最も無難なのがショートボブ。ふわふわさせたりしないストレートなショートボブ。
サイド残して輪郭隠して小顔効果、なんて写真でしか通用しないんで、普段は堂々と丸顔をさらけ出しましょう。そっちのほうが案外表情が明るく見えてデブとか気にならないものです。

目次にもどる

デブに似合う服装


さて、デブに似合う服装とはなんでしょうか。

男性だとダボダボした服を着がちですが、服選びの基本は痩せている方も太っている方も同じ。自分の体型にぴったり合う服を着ることです。

ぴったり合うって、ぴちぴちしてる小さい服を着ろってことじゃないですよ。
肩幅とか身長とかガタイとか考えて、身体に合うものをってことです。

太っているという理由だけでただゆったりした大きいサイズの服を着るのは、もうこれデブを強調しているだけにすぎません。
痩せている人が体型に合わない服を着ていても、太って見えたりなんだか服に着られている印象になりますよね。

フリー写真素材で有名なぱくたそに、丁度いい比較画像がありました。
例えばこれ。シャツの袖を見てください。

恐らくこのシャツ自体は半袖の扱いなのでしょうが、完全に半袖以上の長さまで来ています。肩のラインの縫い目も完全に下の方まで下がってしまい、なで肩に見える上服に着られてしまっている印象になります。
これこそがデブまる出しのだらしない印象を与える服の着方。

この服は本来、この人よりももっと身長があり肩幅がしっかりした人が着るべきもの。明らかにこの人の肩幅や身長に対して、大きすぎるのです。
じゃあワンサイズ小さいものを選べというわけではなく、例えば同じLサイズであっても、着丈や袖の丈など、服によって全然違います。
まず自分のお腹や胸周りがぴちぴちにならない程度のサイズを探し、そのサイズの中から更に肩幅や胴の長さに合った服を探さなければいけません。

こちらもぱくたそのデブ素材からですが、この方は服のサイズが丁度体型にフィットしています。



どうでしょう。確かにデブといっても最初の方とは体型が違いますが、「本当に合った」服を選ぶことによって、だらしなさが無くなり、本来の体型であるこちら

の印象よりかなりすっきりして見えるかと思います。

デブだからといってとにかくデカイ服を選ぶのはNGということがよくわかりますね。

さて、女性の場合ですが、女性は男性よりも選択肢が多いのでかなり楽かと思います。

一番楽できるのはハイウェストでスカートにボリュームのあるワンピース。くびれの位置をバスト下にもってくるデザインによって、寸胴体型が誤魔化せます。

右から二番目の女性のイメージ。

また、太っているからといって、ロング丈のスカートにすると、余計ドラム缶のように見えてしまうので、ここは思い切って膝より少し上くらいのスカートを選びましょう。
ミニスカートすぎるのは流石に公害だとデブなりに自覚しているので、太ももを出せとは言いません。

しかし隠しすぎるのもデブを公言しているようなもの。

太いから足を出したくないと言ってパンツスタイルを選ぶ女性が多いですが、パンツスタイルって布地が密着して体型がもろにでるので、実は着方によっては余計デブに見えてしまうのです。

もしどうしてもパンツスタイルにしたい場合は、上は太ももが半分隠れるくらいのチュニック丈のものを選びましょう。
また、一切くびれのないストンと四角いトップスもオススメです。とにかく上にボリュームを出しましょう。

足の太さって上から下にいくにつれて徐々に細くなっていきますよね。どんなデブな人でも。
ですので、一番太い太ももの付け根の部分を隠してしまうチュニック丈は、あまり見苦しく見えないのです。
しかし太ももを全て隠してしまうのはNG。今度は胴長短足のちんちくりんに見えます。
同じ理由でワンピースやスカート、パンツも、膝下まであるのはやめた方がいいです。
この画像を見てください。

一番左の方、完全に太ももを隠して膝下まであるワンピースを着ていますが、なんかすごくバランスが悪いですよね。
逆に一番右の女性。上の服のセンスはともかく、膝より少し上のパンツを履いていて、下半身のバランスはいいと思いませんか?

上にボリュームを出すのでいい例はこちら。

真ん中の女性、トップスは一切くびれのないものを持ってきていますが、着られている感やアンバランスさはなく、すっきりして見えます。
左から二番目の女性もまさにバランスのいいパンツスタイルですよね。

パンツスタイルで下半身をタイトにする場合は、上にとにかくボリュームを。
無駄にくびれなどを意識すると、かえってデブまる出しになったりします。

目次にもどる

最後に


服や髪型など偉そうにアドバイスしましたが、筆者自身も所詮デブであるということをお忘れなきよう。デブが偉そうに何言ってんだ、くらいな感じで、鼻くそほじりながら見てくれたら幸いです。

目次にもどる


シェアする


こちらの記事も読まれています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント

コメントする