新着記事

2016.04.24 Sunday

旧車・名車・迷車図鑑バイク編No.16-スズキ バンバン200-


  1. HOME
  2. 車・バイク(旧車・名車・迷車図鑑バイク編)
  3. 旧車・名車・迷車図鑑バイク編No.16-スズキ バンバン200-
76103010124.jpg
今回はスズキのバンバン200をご紹介。




バンバン200とは



バンバン200は2002年に登場。バンバンって聞くと懐かしく感じる人もいるはず。
1971年に登場したバンバン90
img_0.jpg
これを現代風に復元したのがバンバン200。
72年には50と125。73年には75が発売されてます。私は知りませんでした。
「バンバン」という車名は「どこでもバンバン走ることができる」から来てます。

バンバン200最大の特徴といえば極太のリアタイヤ。
あれっ、こんなオートバイ他にもあったような……

76103210035.jpg
こいつだ!ヤマハのTW
キムタクがドラマ「ビューティフルライフ」で乗ってて流行ったんです。
wildstyles_kimutaku05.jpg

「スカチューン」という言葉を生み出したのはTWらしい。
バンバンのリアタイヤはTWと全く同じサイズ。
街で見かけるのもTWが圧倒的に多い。
なんでだろうね。スズキだから?パーツが多いからかな。キムタクの影響かな?もうそれはないか。

バンバンは2007年にキャブからインジェクション化してます。その時にオイルクーラーも追加。
バンバンのためだけに200ccのエンジンをインジェクション化しちゃうスズキ、好きです。
そんな売れてるわけでもないのに。

バンバンって見た目がオシャレなんです。かっこいいってより可愛い。
img057.jpg
ふかふかシートで長時間走っても疲れないし、タンデムもラクラク。
私はTWよりバンバン派。人とかぶらないしね!
燃費もいいし。うまい人ならリッター40キロ走っちゃうみたい。

しかし遅い。
笑えるほど遅い。
高速が主のツーリングに使いたい人や、ガンガンすり抜けしたり峠で攻めたい人にはおすすめできません。
バンバンは40〜60km/hが一番得意で快適な速度。90km/hを超えるときつい。
街をトコトコ流すのが向いてます。遅いっていうけど街乗りには十分です。
制御できないマシンに振り回されている人ほどかっこ悪いものはないですし、自分もこのくらいが身の丈にあってる。

2002vanvan200.jpg
バンバンのデザインはバンバンにしかないし、維持費も安いしゆったり乗れる。
みんなそんな急いでどこ行くんだろう。ゆっくり景色を見ながら走るのもいいもんですよ。

目次にもどる

バンバン200のスペック



車名型式 JBK-NH42A
全長×全幅×全高 2.140m×0.865m×1.125m
軸距 1.375m
最低地上高 0.220m
シート高 0.770m
車両重量 128kg
乗車定員 2人
燃費 51.5km/L
最小回転半径 1.9m

エンジン型式 H403
空冷4ストローク単気筒SOHC2バルブ
総排気量 199cm3
内径×行程 66.0mm×58.2mm
圧縮比 9.4
最高出力 16ps/8,000rpm
最大トルク 1.5kgf.m/6,500rpm
燃料供給装置形式 フューエルインジェクションシステム
始動方式 セルフ式
点火方式 フルトランジスタ式
潤滑油方式 ウェットサンプ式
潤滑油容量 1.4L
燃料タンク容量 6.5L
クラッチ形式 湿式多板コイルスプリング
変速機形式 常時噛合式5段リターン
タイヤサイズ 前:130/80-18M/C 66P 後:180/80-14M/C 78P
ブレーキ形式 前:油圧式シングルディスク 後:機械式リーディングトレーリング
懸架方式 前:テレスコピック式 後:スイングアーム式
フレーム形式 ダイヤモンド

エンジンはジェベル200のもの。フレームはボルティのもの。
車両重量はオイルとブレーキオイル、ガソリン満タンで128kgです。
めちゃくちゃ軽い。取り回しに苦労することは無さそうです。
気軽に乗れるのも魅力。重いバイクって出すのも面倒になって乗らなくなることもあるので。
スペックを見ても分かるんですが弾丸ツーリングには向きません。
ゆっくりまったり旅をしたい人や、お散歩ツーリングにはピッタリなオートバイです。

目次にもどる

バンバン200の中古車



500台近くヒット。平均価格は27万円。
新車価格は405,000円(税抜)
安さもバンバン200の魅力です。
安いショップなら新車でも総額30万円前半で買えちゃう。
しかも日本製。最近のこのクラスは中国やタイ生産が多いからね。
燃費もいいのでコスパはかなりいいと思います。
ゆっくりまったり安全運転でいきましょう。

目次にもどる


シェアする


こちらの記事も読まれています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント

コメントする