新着記事

2016.05.10 Tuesday

小さくなった?色々な商品が昔のものよりも少なくなっている気がするので調べてみた


  1. HOME
  2. 気になるコト(食べ物・飲み物)
  3. 小さくなった?色々な商品が昔のものよりも少なくなっている気がするので調べてみた

「ミスドのドーナツ、なんか小さくなってない?」

皆さん、このような話は聞いたことがありませんか?
実際に自分自身で購入した際に、何だか小さくなったなあと感じていらっしゃる方も多いかと思います。

……というか、筆者自身がそのような疑いの眼差しでいつもフレンチクルーラーを見つめており、あまりサイズ感に変化のない(ように感じる)ハニーディップにしか手を伸ばせないでいます。
だってやっぱり明らかに小さくなってますもん、特にフレンチクルーラー。

原材料の値上がりで、価格を維持するためにサイズを調整しているので有名なのはうまい棒。
10円という決まった価格の中で製造されているため、原材料費の価格変動に合わせその長さは常に予告無く変更されている。
うまい棒 - Wikipedia

うまい棒は公式で内容量を予告なく変更していることをコメントしているわけですが、ミスドにはそういう情報がありません。

果たして本当にミスドは小さくなっているのでしょうか。
私が安心してフレンチクルーラーに手を伸ばす事ができる日を向かえるためにも、調べてみることにしました。

ミスドだけでなく、「これ明らかに量減ったよね」って疑いのあるもの色々、調査してみます。



ミスドは本当に小さくなったのか



まずは私の思い違いでないかどうかを確認するため、ネットでの意見見てみることにします。







ほら〜!!!
ね?ね?
ほらやっぱり小さくなったんだよ〜。絶対なったよ〜。
小さくなった、なったなった。うんうん。

で、実際のところ大きさは変わっているのか?いないのか?
その辺をはっきりさせましょう。

……と、調べてみたのですが。

なんか、ソースによって書いてることが全然違うんですけど!!!!

例えばミスド“小さくなった疑惑”真相は | R25によると、
実際小さくしているのかどうか、ミスタードーナツに聞いてみたところ、いずれの商品も重さや大きさなどは「以前と変えていません」とのこと。今年4月に価格改定を行った際にも、サイズはそのままにしているという回答だった。


要するに全ての商品においてサイズはずっと変わっていない、ということらしいのに

マジか!ミスドは時代と共にドーナッツのサイズをうまい棒方式で変えていた!|面白ニュース 秒刊SUNDAYによると、
結論からすると、周囲が言うとおり、ドーナツは以前に比べ数ミリ小さくなっていた。特にチョコレート系などがそれに該当する。が、エンゼルフレンチやフレンチクルーラーは、以前と同じだという。

結果的に小さくなったものもあれば、変わらないものもある。小さくなったものがあるという事実を、全てのドーナツが小さくなったと脳内で置き換えてしまい、不安や疑問が募るあまり最終的には利益率を上げているのではないかという勝手な思い込みが先走ってしまったようである。

とはいえ、ドーナツの大きさを制御しているのは紛れもない事実だ。


やっぱり一部変わっているみたいだし、

ミスドの「ドーナツ」、セールの時に小さくなる? 真相はどうなのか、ネット上で議論白熱 : J-CASTニュースに至っては、
実はミスドは2008年11月からドーナツを小さくしている。

「一部商品の規格・価格を改定いたします」という内容のプレスリリースを出し、記事にもなった。商品の約2割にあたる十種類のドーナツやパイのサイズを小さくしたうえ価格は下げるというもので、ドーナツ7種類の原材料を3グラム程度減らし、パイ3種類を20〜25グラム程度軽量化した。同時に従来の価格帯より安いドーナツの新商品8種類を投入し、ドーナツ1個の平均単価を6円安い119円に引き下げた。


商品の約2割にあたる十種類を小さくしたとか曖昧な表現にしてるし!

10種類のドーナツやパイが小さくなったってこれ、レギュラーメニューだったらほぼ全てのドーナツですよこれ(笑)
フレンチクルーラーとエンゼルフレンチとか、カスタードクリームとエンゼルクリームみたいに、フレーバー違いで形は一緒なものに関して、それぞれ個体差があるようには感じられませんし。
こういうのは1種類としてひとまとめに計算すると、ポンデリング系統、オールドファッション系統、フレンチクルーラー系統、イーストドーナツ系統2種、チョコレート系統、ハニーチュロとDポップ、パイ三種の合計11種類しか定番商品はありません。

つまり、ミスドの「ドーナツ」、セールの時に小さくなる? 真相はどうなのか、ネット上で議論白熱 : J-CASTニュースによるとほぼ全ての商品が小さくなっていると見ていいかと思います。


ドーナツの大きさどころか、ミスドの広報がブレブレなんですけど。

どのソースもミスドに直接確認しているようですし、もう何を信用していいやらわかりません。

そんなわけで、筆者は自分の感を信じる事にします。

結論:ミスドは小さくなった(特にフレンチクルーラー系)。

目次にもどる

カップヌードルのコロチャーが小さくなった気がする



普段からインスタント麺というものは殆ど食べないので自分の勘違いの可能性が高いのですが、先日久々に食べてみたところ、カップヌードルのコロチャーが小さくなった気がする……。

それに、コロチャーに混ざって、あの「謎肉」が入っているような……?
私はコロチャーより断然謎肉の方が好きなので、これはとってもありがたいことなのですが、でもコロチャーが小さくなったのはいただけない。

そんなわけで本当に小さくなったのか早速調べてみました。

まず目に付いたのが、昨年2015年の4月にリニューアルして謎肉が復活したということ。
やっぱり!あの謎肉の食感は幻ではなかった!!やったーーー!!!

そしてそのリニューアルに伴い、具材の量が増えたということ。

えーーーー???うっそーーん。

絶対コロチャー小さくなってるって。増えてないって!!

そこでたどり着いたのが謎肉復活記念 新旧カップヌードル比較 カップ麺をひたすら食いまくるブログ

なんと以前のカップヌードルと具材の量を比較してくださっていました。

左がリニューアル後。確かに具材は増えてる。

……が!!!
やっぱりコロチャーは小さくなってる!!


まあ、謎肉と合わせて肉自体の量が減っているわけではなさそうだし(多分)、全体的にボリュームアップしたってことでこれはアリ、なんでしょうか…?

コロチャー好きの暴動が起きそうですね!

目次にもどる

ポテトチップスが少なくなった気がする



ポテトチップスでもカルビーの方。

なんか、袋のサイズはあまり変わらないのに、明らかに少なくなっている。
買ったときは空気で袋がパンパンになっているので気が付きにくいですが、開封した時のあのがっかり感よ……。

とはいっても、カルビーのポテトチップスの量が減ったのは結構周知の事実なのではないでしょうか。

では、実際どのくらい減っているのでしょうか?
カルビーのポテチの量 95g→90g→70g→60g(←今ここ) - ( ^ω^)くろ速!

95g→90g→70g→60g……

95g→90g→70g→60g!!!!

減りすぎだろうよ……。

目次にもどる

話題のカントリーマアム



ちょっと前に話題になったカントリーマアムの量。
お徳用パックの枚数なのですが、ここ数年で10枚も減っているらしいのです。

「カントリーマアム、10枚減ったけど買ってね!」 不二家

2005年 30枚 1枚11.0g

2007年 28枚 1枚10.5g
2008年 24枚 1枚10.5g
2011年 22枚 1枚10.5g
2014年 20枚 1枚10.5g
2016年 20枚 1枚10.0g ←NEW!
WebStationTtokyo

わずか10年そこそこで…。

しかし待って欲しい、10枚という数に翻弄されがちですが、よく見ると今年に入って重さまで減っている!

これを計算していくと、2005年時点では内容量330gだったのが2016年時点では200gに!
なんと130g減。これは約40%も減っていることになります。

さすがにちょっと減らしすぎじゃないですかね、不二家さん…。

目次にもどる

他にも減っていると話題のもの


ソースを発見する事ができなかったのですが、他にも小さくなっている、減っていると話題のものがいくつかあったので挙げておきます。

  • モスバーガー
  • パイの実
  • ケンタッキーのビスケット
  • パックンチョ
  • 蒲焼きさん太郎
  • チョコパイ
  • ポポロン

などなど…。

皆さんはこれらのものが、小さくなった・量が減ったように感じますか?
増税や原材料の値上がりで仕方のない事とはいえ、ちょっと悔しいですよね(笑)

目次にもどる


シェアする


こちらの記事も読まれています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント

コメントする