新着記事

2016.05.11 Wednesday

元鳥取県民が本気の鳥取案内その1


  1. HOME
  2. 旅行(鳥取県)
  3. 元鳥取県民が本気の鳥取案内その1

鳥取県の項目を作っておきながら全くもって鳥取ネタを投稿しておりませんでした、どうも鳥取出身うどんこです。

鳥取ネタを投稿するといいつつ早三ヶ月。なぜ全く記事を書かなかったかと言いますと、項目を作ったにも関わらず鳥取に帰る機会がなかったからです。
なんてこったい。

このGWで鳥取に帰省したためたくさんのネタをストックして参りました。
これからちょくちょく記事にしてこうかと思います。

今回は鳥取県旅行の際の、移動の心得?的なネタをご紹介したいと思います。



移動は基本的に車で!



鳥取旅行の基本中の基本として、絶対に車での移動をオススメします。

「鳥取に着いたらバスや電車で移動すればいいや〜。最悪タクシーあるしー」
なんて考えでいると、100%後悔します。

なぜここまで強く言うのかというと、まずはこれをご覧ください。


これが鳥取の路線図です。
絶望的なほどにどこへも行けません。

しかも、各駅はほぼ周辺に住む住人のためのようなもの。
駅近くに観光地や食事するところがある場所なんて、殆どないと思ってください。


「じゃあバスでいいじゃん」とお思いでしょう。

次はこれをご覧ください。

恐らく、これが鳥取市内で最も利用人数が多いと思われる運行経路です。

そのバスですら、一時間に1本、多くて2本です。
しかも、バスが来ない時間帯まである始末。
移動をバスに頼ると、ほぼ待機時間で一日が終わってしまう可能性があります。

じゃあタクシーを使えばいいやって?
そうですね、お金に余裕があればそれもいいでしょう。
しかし以下を見たらよほどのセレブでない限り、

「…あっ、タクシーはいいや…」

ってなること請け合いです。

仮に鳥取駅近辺で宿を取って、鳥取砂丘に向かったとします。

時間だけ見るとすぐ着きそうですよね。
しかしタクシー料金にすると、

片道で2,600円ほどになります。
鳥取の観光地〜観光地間は基本的にこの程度かそれ以上の距離があるため、移動の度に3,000円前後かそれ以上の出費になってしまいます。

当然徒歩で移動するにはきつい距離。

そんなわけで、鳥取に車以外の移動手段で来ると100%後悔するのです。

目次にもどる

鳥取の車事情


「車できたら渋滞に巻き込まれるんじゃ…?」とか、「駐車場代がかかるんじゃ?」と思われる方も多い事と思います。

安心してください。
鳥取に渋滞はほとんどないと胸を張って言えます(笑)

鳥取県民が渋滞とか混雑とか言っているのは、一般的に渋滞と言われている「車がほとんど動かない状態」ではなく、「時速30〜40kmくらいだけれど車は流れている状態」の事を指します(笑)

GWには少し混雑していたところもありましたが、それでも車が動けない状態ではなく、ほぼどこも流れている状態でした。

平日なんか駅前繁華街でもほとんど車が走っていない状態ですし、例えば鳥取市内で休日一番混んでいると思われるイオンモール近辺の道路も、全く動かないということはほぼありません。

また駐車場に関しても心配する必要はありません。
大抵の施設は無料の駐車場を完備しています。一番の観光地である鳥取砂丘でさえも、無料駐車場があるんです。

駅前繁華街など一部ではぱっと見たところ有料駐車場しかないようにも思いますが、実は少し歩いたりするだけで無料で停められるところがたくさんあったりします。

駐車場検索アプリなんかを入れておけば、車を停めるのに苦労することはないかと思います。

目次にもどる

自家用車がない方はレンタカーを



鳥取県にはCALレンタカーという格安レンタカー会社があります。
格安レンタカーならキャルレンタカー 12時間2500円より

ここなら24時間3,700円〜という驚きの価格で車をレンタルできます。

また、なんといっても便利なのが立地。
CALレンタカーはメインの駅や空港近くに店舗があるため、鳥取到着後すぐにレンタルできるだけでなく、なんと無料の送迎まで行ってくれているのです。

とりあえず鳥取に来たなら、ここで車をレンタルしちゃいましょう。

目次にもどる

免許がない学生さんグループの旅行では



卒業旅行とかそんな大事な機会に鳥取が選ばれるということはほぼないかと思いますが(笑)、念のためどうしても車に乗れないって方のための鳥取の歩き方です。

鳥取の観光地〜観光地間は、京都のごとく密集していません。
そのためあれもこれもと欲張らず、効率よく回れる数箇所に絞込む必要があります。

行動は主にバス。
駅周辺には大した観光地がありませんし、駅付近にバス停がなかったりで降車後の移動手段が絶たれる可能性もあります。

そのためメインで行きたい場所周辺に宿を取り、バスの時間をしっかりと確認した上で時間にかなりの余裕を持って行動する必要があります。

鳥取のバスはいつも過疎すぎて、バス停に人影が見えないと停車せずにスルーすることが日常茶飯事。発車時刻まで待ってくれない運転手さんも多いです。
なので時刻通りにバス停にたどり着いたとしても、バスが出た後なんてことも。

また冬場で雪が積もると、道を通れないなどの理由でバス停にすら来てくれない時もあるんです。
更に最終の時間がかなり早いところもあり(17時台が最終なんてバスも)、のんびりしていると何かあった時には移動できない!という事態になりかねません。

こういったトラブルに備えて、いつでもタクシーに頼れるよう多めにお金は持ち歩いた方がいいでしょう。

目次にもどる

おわりに


鳥取県は隠れた観光地も多いのですが、そこへたどり着くまでの移動手段に困るんですよね。
メインの観光地に至ってはそれなりに交通手段があるものの、やはりマイナーなところになるとどうしても車が必要になってきます。

田舎の観光に車は必須。
都会と違い、渋滞や駐車場の心配はないので、車さえあれば快適な観光ができるかと思います。

目次にもどる


シェアする


こちらの記事も読まれています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント

コメントする