新着記事

2016.05.26 Thursday

軍艦島にまだ多くの人が住んでいた頃…写真・映像で見るかつての姿


  1. HOME
  2. 画像・動画(感動)
  3. 軍艦島にまだ多くの人が住んでいた頃…写真・映像で見るかつての姿

2015年の昨年、「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」として、軍艦島(端島)が世界遺産に登録されました。
それにより一気に軍艦島の知名度が上がることに。


ソニーのドローンで撮影された動画や



Googleが軍艦島内のストリートビューを公開するなど、『廃墟として』の軍艦島はなにかと取り上げられていますよね。

今回はよくある軍艦島の廃墟写真ではなく、人が住み、活気にあふれ、軍艦島がまだ『生きていた』頃の写真や映像をご紹介していきたいと思います。

まずは映像をご紹介。

【1965年7月】 軍艦島の生活

前半は炭鉱で働く人々の様子や共同浴場などが出てきます。後半、人々の日常風景の映像が映し出されますが、高級品であったテレビや掃除機などの家電が一通り揃っているところを見ると、軍艦島の人々はかなり裕福で先進的な生活を送っていた事が窺い知れます。

端島(軍艦島)記録映像 「祭・運動会・物価安定運動」

お祭り、運動会、物価安定運動の動画。どれも本当に多くの人が参加しており、いかに賑わっていたたがわかりますね。カラー映像です。

端島(軍艦島)記録映像 「続・島の四季」

こちらもカラー映像。約30分たっぷりと軍艦島の様子を見ることが出来ます。

軍艦島の海底炭鉱として栄えた当時の様子をご覧ください

画質は悪いですが、字幕・解説つきでわかりやすい映像。軍艦島の施設が紹介されています。

軍艦島 生活風景

前半は廃墟になってからの映像ですが、中盤あたりから1970年代の映像・写真が紹介されます。

軍艦島のテレビCMと当時の白黒写真

軍艦島

こちらは写真を集めた動画ですが、画質もよくわかりやすいため紹介。

軍艦島1974 全島民退去

閉山が決まり全島民が退去する最後の日の写真を集めた動画です。

「軍艦島」 島民がいなくなって1年後

こちらは退去後の映像ですが、まだ生活感の残っている軍艦島の姿を見ることができます。

次は写真をご紹介します。

現在の大きさになる前の端島。まだいくつかの工場があるのみで、高層建造物はありません。
13377_01.jpg

端島は増加する鉱員とその家族が居住できるようにどんどん開発が進み、徐々に軍艦島と呼ばれる姿に変貌してきました。
13377_05.jpg13377_02.jpg550x311x18bd7ae9f63d86853eed9761.jpg

軍艦島の近くを船で通ると、子供たちのワーッという歓声が聞こえてきたそうです。
13377_09.jpg360x480x5f5a145f1ec585b903bf2b50.jpg

限られたスペースを有効に使うため、建物の屋上も様々な施設に利用されました。
屋上保育園
550x334xdfe245432610f675fe66cb6e.jpg550x392x8cfb7fdcd00bb996d754987d.jpg

屋上庭園では子供達の教育用として畑から水田まで造られています。
480x360x7923d7a3cf9006944c238888.jpg480x360x10e46897a6c9d266f4344996.jpg

島のメインストリートである、端島銀座。商店や青空市場が連なります。対岸の野母半島の人たちが野菜、果物などを運んで来ていました。
13377_14.jpg13377_03.jpg1200x1600x6d5aff17e62600c92cb8a5.jpg

青空市場の様子
480x350x0bcd34375568a36693b1a74b.jpg400x290xd870961aacddbad3486cd362.jpg360x480x370596e4fe531d041099aadc.jpg

娯楽施設であるパチンコ屋もありました。
480x360x8fd703626de224fc78ac0640.jpg

昭和35年頃、島の最盛期には、小学校に約500人もの児童がいたとか。
端島小中学校
480x360x6433b596a65027cb962bb6c6.jpg480x360x8bba5f7fe0feac94eb889f98.jpg

登校中の小学生
9838b713854dab52f8f22ee4417773e815d5f189.jpg56fa8ac94d84a4e152d3f72a9208c9ab2cedf112.jpg

運動会の様子
654261692dd919145780ec99beb8ff590fea2704.jpg

端島銀座から端島神社に登る階段「地獄段」。
13377_07.jpg360x480x48fb794cb69e2c9e5153a491.jpg258x196x68d5535b971d558f594f10a5.jpg

端島神社。社宅と社宅の僅かな間を縫うように通る『地獄段』を通ると、高台にある端島神社まで行けるようになっています。この階段は子供達の遊び場所になったり、御輿を担いで神社から駆け下りる山神祭などが行われていました。
550x400xcfe59c1433a8eeb12b6e86d9.jpg310x185x0282800addad3c35c8259621.jpg

山神祭の様子
1200x1600x2b2b6b3ea2018cf2ef09cd.jpg635x459x7a024b42c07269097e4902b3.jpg540x360xdaad219d805124500cf9f7b9.jpg480x360x2fed2a6287b15bb8505269d3.jpg5ae784b1e9cc2e882178f900dc4e3eed8ca03fa7.jpg

昭和館という施設には、映画館や歌謡ショーのステージがありました。
480x360x2a5cee9d1d2baabb2d87bf04.jpg360x480xf853fb30fe27a3e54ac3b29e.jpg

高層マンションに囲まれるよう作られた、児童公園
550x436x6730109e209825f62ecea3ed.jpg500x392x7626c4b441b263cde65a99f7.jpg360x480xc00eb700e981511767c5502a.jpg308x500x7eaef9c02e49358fec035fd9.jpg

炭鉱で働く人たち
13377_13.jpg13377_12.jpg480x360x73fed333fd1dedbb992cedcb.jpgpic4.jpgpic3 (1).jpg4a0d3e33b358702245eb4a1e5ff0d5a35840f7b5.jpg

炭鉱で働く人たちのための共同浴場。浴槽は2つにわけられており、先に一つ目の浴槽で炭塵を流します。
pic6.jpg

1956年8月、軍艦島を大きな台風が襲います。
高台に多くの住人達が避難。下のほうの建物はいくつか倒壊していることが伺えます。
13377_15.jpg

荒れた海を見守る住人達。
13377_16.jpg

この台風は軍艦島に多くの爪あとを残していきました。
13377_18.jpg

台風により倒壊した木造体育館
13377_17.jpg

1961年、倒壊した木造体育館跡地に防潮壁を兼ねて左の8階建てアパートが建てられました。
13377_19.jpg

住人達の生活の様子
859x576xc229c5ef3e4eb68c4ee88195.jpg480x360x83bf065e0fd847792086d111.jpg480x360x51c741c0e2c832f2c25a85aa.jpg480x360x3bcafc901badddbec6568dcf.jpg383x480x84c593bad393e7d4f0e3691c.jpg360x480x840456a2d9f6deb8e8f0370a.jpgpic1.jpgbf42fe5024f0132a6447cf255215cff174409994.jpg5ae5eaac63d488dd01ae6e6b86231ae2dac0f38d.jpg

1960年以降、エネルギー革命により炭鉱は衰退。数百万トンの石炭を残したまま1974年1月15日に、端島は閉山することになりました。
閉山式の様子
480x360x30973d31f353eadb9ea4db54.jpg

軍艦島から立ち去る住人達
774x543x31cfc9614665f9abcb785c07.jpg

無人島になる直前の軍艦島
480x360x0917f13f2008f77021bc353d.jpg480x360x7464a2866daf656d317847db.jpg480x360x35a38abaf1bf39a86fbdaf50.jpg

最盛期には東京の9倍もの人口密度を有していた軍艦島。写真で振り返ると、本当に賑やかで今にも人々の声が聞こえてきそうです。


シェアする


こちらの記事も読まれています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント

コメントする