新着記事

2016.06.15 Wednesday

【閲覧注意】エンバーミング(遺体衛生保全)されている著名人たち


  1. HOME
  2. 不思議・オカルト(死人にまつわる色々)
  3. 【閲覧注意】エンバーミング(遺体衛生保全)されている著名人たち

本人の意思かはたまた無関係か、著名人は時に、死んだとしてもその姿を大衆の前に晒されることがあります。

今回はエンバーミング(遺体衛生保全)によって遺体を残されている著名人をご紹介。



ヨハネ23世



1963年に死亡したヨハネ23世はバチカンで眠っています。厳密に言うと彼の遺体は防腐処理されたわけではなく、2001年にサン・ピエトロ大聖堂に移送されるために発掘されたとき三重の棺の中でほぼ元の姿のままで発見されました。
その時以来、顔を蝋のマスクで覆われながら、遺体はクリスタルガラスのボックスに収められた形で公開されています。



目次にもどる

フェルディナンド・マルコス



フィリピン共和国の政治家で独裁者のフェルディナンド・マルコスは1989年9月に亡命先のハワイで亡くなりました。
遺体は現在冷凍保存されており、2005年にフィリピンのバタクで公開。

彼の妻であるイメルダ夫人がマルコスの冷凍遺体のガラス棺にキスをした写真はいろんな意味で衝撃的と(笑)話題になりました。



目次にもどる

毛沢東



エンバーミングで残されている遺体として有名なのはこの方。
1976年に亡くなった中国共産党創始者の毛沢東。彼の遺体は北京の天安門広場にある霊廟で公開されています。



実は展示されているのは偽物の蝋人形で、ホンモノは地下に保存されているとか、大事なお客さんにはホンモノと対面させるとかそんな噂もありますが真相はいかに。

目次にもどる

ホー・チ・ミン



ベトナムの革命家、政治家であるホー・チ・ミン。彼の遺体はホー・チ・ミン廟にて公開されており、誰でも見ることが出来ます。
ただ、残念ながら撮影禁止のようで写真が見つかりませんでした。


おそらくこの方??

実際に見てみたい方はベトナム旅行の際に是非ホー・チ・ミン廟へ。

目次にもどる

金日成・金正日


北の指導者お二人もエンバーミングされております。
この二人の遺体を維持するためにかかる費用は年間18億ウォン (約1億2000万円)なんだとか。


こちらは金日成


そして金正日。

こちらは平壌の錦繍山記念宮殿に眠っておられます。

目次にもどる

レーニン



赤の広場の霊廟に安置されているレーニンの遺体。
死後もうすぐで100年になろうとしていますが、とても綺麗な状態で残っています。
これまで紹介した遺体の中では最も丁重に扱われている気が。

以下遺体の保存のための処理ですが、かなりショッキングな画像ですので注意してください。












まずはお風呂。遺体であっても尊厳は守られています。隠されています。
内臓を取り出してあるためお腹はぱっくり割れています。


入浴終了。素手で扱って大丈夫なんでしょうか?


防腐処理が終わったら



着替えて終了です。

目次にもどる


シェアする


こちらの記事も読まれています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント

コメントする