新着記事

2016.06.27 Monday

見てるだけで心臓が止まりそうな世界の絶叫マシンたち


  1. HOME
  2. 画像・動画(閲覧注意)
  3. 見てるだけで心臓が止まりそうな世界の絶叫マシンたち

もうすぐ学生さんたちには夏休みがやってくるわけですが、夏休みといえばテーマパーク。テーマパークと言えば絶叫マシーン。
見てるだけでヒヤヒヤしちゃう世界の最恐絶叫マシーンたちを、一人称視点の動画もお付けしてご紹介します。
Google CardboardのVRメガネなんかをかけて見ると恐怖も倍…かもしれない。


動画視聴には

Linkcool Google Cardboard(グーグル・カードボード)3Dメガネ 3d Vrメガネ 組み立て式 NFCタグとベルト付き

新品価格
¥565から
(2016/6/27 14:06時点)



これと、VR Youtube 3D Videosなどのアプリを使うのがオススメ!


Top Thrill Dragster



トップ・スリル・ドラッグスター(Top Thrill Dragster)は、アメリカ合衆国オハイオ州の遊園地「シダーポイント」にあります。高さ128m、最高速度は190km/hを超えます。
その速度や見た目のインパクトは絶大ですが、乗車時間が短く、爽快感や浮遊感があまりないとのこと。しかし一瞬で終わるからこそ、恐いもの見たさで挑戦してみるにはハードル低めかと思います。



2005/5/21、Kingda Kaが完成するまで、世界最速・最高高度・最大落差を誇っていました。

目次にもどる

Kingda Ka




キンダカ(Kingda Ka)はアメリカニュージャージー州の「Sixflags GreatAdventure」にあります。
現存するローラーコースターの中では最高高度・最大落差。
2009年にアラブ首長国連邦のフォーミュラ・ロッサが完成するまで、世界最速も誇っていました。
こちらも1週にかかる所要時間は約50秒ほどですので、体感時間は一瞬。乗り心地は意外と悪くないようですが、心臓に悪すぎますね。



目次にもどる

フォーミュラ・ロッサ



アラブ首長国連邦にあるフェラーリ・ワールドの目玉アトラクション、フォーミュラ・ロッサは現時点世界最速を誇るローラーコースター。
最高時速は約240kmで、これは上越新幹線とほぼ同じくらいの速度だそうです。生身で新幹線に乗っていると考えると恐ろしいですね…



目次にもどる

スチールドラゴン2000



世界最長を誇るのは、日本の三重県・ナガシマスパーランドにあるスチールドラゴン2000。
その距離なんと2,479m、乗車時間は約4分にもなります。
こんなに長いと終わりが見えなくてぐったりしてしまうかも?



目次にもどる

高飛車



日本の富士急ハイランドにある高飛車は、世界一の落下角度を誇ります。
写真の部分に到達すると、レールの先が見えずその恐怖は最高潮に。
落下角度は121°とのことです。



目次にもどる

ザ・スマイラー



世界一の回転数を誇るのはこのザ・スマイラー。
イギリスのアルトン・タワーにあります。回転数は14回!写真からして、「どうなってるの??」とつっこみたくなるような複雑な作りのコースターです。



目次にもどる

おまけ・スカイサイクル



本来絶叫マシーンとして作られたものではありませんが、ある意味絶叫マシーンと化してる乗り物がこれ。岡山県の鷲羽山ハイランドにある「スカイサイクル」。
レールの上を自転車のような乗り物で走っていくわけですが、まず老朽化によって錆びまくった車体と軋む音に恐怖を覚えます。
そして何より恐ろしいのはその高さ。写真の通り、よく言えば絶景、悪く言えば落ちると命のないようなところをあくまで自走して走っていかなければいけないので、その恐怖に足がすくんで前に進めなくなってしまう人が続出。
「恐怖で漕げなくなったら後ろの人たちが押して帰ってくる」のが公式の帰り方と言われています(笑)
大人が小学生の子供たちに押してもらい帰還するというのはよくある光景なのだとか。



目次にもどる


シェアする


こちらの記事も読まれています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント

コメントする