新着記事

2016.07.22 Friday

WEBライターって儲かるの?おうちで「片手間」にできる副業について。


  1. HOME
  2. 気になるコト(ちょっとした疑問)
  3. WEBライターって儲かるの?おうちで「片手間」にできる副業について。

筆者は子供を産んでから本職の方は片手間に、WEBライターをやって家計の足しにしているわけですが、家に居ながらにして少しでもお金が稼げるのであれば、なんでもいいからやってみたいですよね。今回はそんなWEBライターが稼げるのかどうかって話を中心に自宅で「片手間」にできる副業についてのことを語っていきたいと思います。



で、実際ライターは稼げるの?



例えばどこかで連載を持っていたりとか、中抜きとかされず1文字1円で発注してくれる依頼主がいる場合はそりゃもう普通の会社員並みに稼ぐことだってできるわけですが、世の中そうはいきません。

大抵はライティングサイトに登録して、業者側の指定する内容の記事を4文字1円程度で書くことになるわけですが、こういう形でのライター作業は恐らく毎日毎日1日中必死に作業したところで稼げてせいぜい月15万程度。

4文字1円って結構高報酬じゃないの?と思うかもしれませんが、そんなことはありません。

4000文字で1000円。

あなたは4000文字の文章を何分で書くことができますか?
相当に慣れている方であれば恐らくは1時間前後で書き上げることも可能でしょうが、しかしこの慣れている方であっても、「自分の知っている知識の中で、得意な文体で」という条件がつくのです。

普通の方なら4000文字を仕上るのに倍の2時間は見ておいたほうがいいでしょう。
それは単純に文章を仕上るだけの時間ではなく、誤字脱字の見直しや校正などもあるからです。間違いだらけのおかしな文章で納品するわけにはいかないですからね。

この時点で時給換算すると500円。すでに最低賃金を割っています。

しかしこれだけではありません。
業者側の指定する案件が、必ずしも何も調べなくていい自分の得意分野案件ばかりであるとは限らないのです。
むしろ何も調べなくていい案件の方が少ないでしょう。

調査する時間で多く見積もって+1時間。
この時点で時給は333円です。

そして更なるトラップが私たちを待ち受けます。
それは、業者側の独断と偏見による不採用という地獄です。

どんなに自分の中で完璧に書いたと思っても、業者側は容赦なく不採用という判決をくだしてくるのです。
個人的に高単価の案件であればあるほどに不採用をくらう可能性は高いように感じます。

つまり、不採用になった時点でこの3時間という時間は完全に無に帰すのです。

目次にもどる

ライティングサイトの酷い話



たちの悪い業者によっては、不採用にした文章を平気で使いまわしていやがったりします。
つまり、ライター本人に報酬を支払わず、自分たちはきっちり依頼者から金をもらう。
ひどい話ですよね。
私も一度やられたので文句つけたら多めに報酬もらえました。ていうかこれ、本来なら訴訟案件ですよね。ちょっとお高い報酬に釣られてめんどくさかったのであきらめましたけど。

こういうことを防ぐためにも、自分が書いた記事は必ずなんらかの形で保存しておいた方がいいです。

ちなみに、私は不採用になった記事は基本的に即日ブログに転用しているので、時間がまるっと無駄になることはありません。結果的に自分のものになりますからね。

しかも業者側がライターにお金を払わず無断で依頼者に文章を売り渡した場合、お金を払ってまで業者に依頼した文章はまるっと私のブログからの転用ということになってしまうわけです。
そこに気がつかれなかった場合でも、私よりも後出しでWEBに丸々転載の文章を掲載したサイトは当然SEO的に相当不利なわけですから、まあこれだけでも一矢報いた感じがありますよね。

当然業者は依頼者に責められますが、自分たちが不正に中抜きをしているので私を責めることもできません。ざまあみろです。

というわけで、こういったライティングサイトから仕事を行う場合、同時にオールジャンル扱うブログも立ち上げておくといいでしょう。

目次にもどる

自分で仕事とってくるか専属じゃないときつい



というわけでライティングサイトから稼ぐっていうのは正直あんまり現実的じゃないです。
やっぱり自分で直接仕事をとらないときついですね。

とはいっても全く稼げないわけではないのですが、正直言って労力とは見合ってないです。
文章を書くことを生業としている人ならともかく。

ていうか正直、家に居ながら朝から晩までライティング作業なんてやってられないですよね…。他にやらないといけないこともありますし…。

目次にもどる

お小遣い程度でいいなら正直お小遣いアプリのがいいかも



ということで家にいながら片手間にお小遣い程度稼ぐ、というのであれば、ライティングサイトは全く持っておすすめいたしません。
結構必死こいて真面目に取り組まないとやってられないので、「片手間」程度じゃ済まなくなる可能性があります。

本当に就寝前にちょこっととか、子供がねている間にちょこっと稼ぎたい程度でしたら、お小遣いアプリでも利用して、アプリダウンロードしまくったりなんかのアンケートに答えたり、捨てアドで会員登録しまくってる方がいいかと思います。
何故なら、完全に思考停止状態でもできるから(笑)

安全なお小遣いアプリで稼ぐ

私はお小遣いサイトと言えばラインポイントくらいしかしていないので他のことはよくわからないのですが、こちらで詳しく解説されていますよ〜。

やっぱり一日中記事のこと考えているのってきついです、精神的に。家のこともあるし、納期に焦って、トイレに立ったりする間も文章のこと考えて…となると、正直働きに出た方がよっぽど精神衛生上よろしいというか。本職としてやっていくならまだしも。

目次にもどる

他の副業



さてさて、アンケートだのお小遣いサイトだの以外で、片手間に稼げる副業ってないのでしょうか。

まあ、あるとすればそれはブログ書いてアフィリエイトくらいでしょう……
アフィリエイトは速攻で稼げるものではなく、コツコツと地道な積み重ねが大事なものですから、即金というわけにはいきませんが。

むしろ、知っていたら何か教えてください(笑)

ちなみにクラウドソーシングなんかも片手間にできるようなものならいいですけれど、やっぱり需要があるものってそれなりに手間隙かかることばかりなんですよね

目次にもどる

おわりに


最近何かと楽して稼ぐことばっかり記事にしているような気がしますが、人間誰しも不労所得というものに憧れるものだと思うのです。

しかしそんな甘い話はなかなか転がっていないわけですから、私としても必死こいてお仕事を取ってこなければならないわけでして、つまりなんというか、なんでもいいからお仕事ください。お願いします、まじで。

目次にもどる


シェアする


こちらの記事も読まれています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント

コメントする