新着記事

2016.08.10 Wednesday

ポケモンGOの位置情報に関するペナルティが厳しすぎる件


  1. HOME
  2. 気になるコト(インターネット)
  3. ポケモンGOの位置情報に関するペナルティが厳しすぎる件
ポケモンGOの日本リリースからもう少しでひと月になろうとしていますが、最近ポケモンGOの位置情報に関するペナルティがかなりシビアになってきているように感じます。
不正対策のことを考えると当然かとは思いますが、今回はそんなポケモンGOの位置情報に関するあれこれの情報をお届けしたいと思います。



位置情報偽装はきついペナルティが待ってるよ!


周りにポケストップもなにもなく、更にはポケモンもいるんだかいないんだかわからないような辺境の地に住んでいる方なら一度は考えたことがあるはず。

「GPSを誤魔化して東京までかっとべないかなあ…」

なんてずるいことを。

思うだけなら自由ですが、それを実際にやってしまうと運営サイドよりきつ〜いお仕置きをくらうことになります。

まず、位置情報を偽ったところで「基本的には」ポケモンGOはプレイできません。
というのも、偽装した瞬間に

1、ポケモンがCPの高さに関係なく捕まらなくなる
2、ポケストップが利用不能になる
3、ジムに対してポケモン配置ができなくなる
4、ジムバトルに参加しても強制終了させられる

というペナルティが待っているからです。
この状態が解除されるまでには1時間ほどかかりますので、うっかり悪さしてしまった場合はお行儀よく待っているしか方法がありません。あるいは1kmほど歩くと解除されるという話も。

本来なら不正しなければいいだけの話なのですが、これを繰り返すことで、最悪警告が届きアカウントがBANされることも…。

何もいいことはないので、素直にプレイするべきです。

目次にもどる

位置偽装判定の基準


しかし上記のような不正を行っていなくても、例えばGPSの制度が低く位置情報がワープしてしまったり、新幹線に乗っていたり高速道路に乗っているだけでもペナルティを受けてしまうというのです。

位置偽装と判断されペナルティを受ける基準は、どうやらアプリ起動中の急な位置移動。

これは距離に関わらずワープと判断されると起こってしまうようで、私自身もGPSのの精度の低い中華タブレットでプレイしていたところ、短い距離ですがワープを繰り返しているとついにペナルティを受けてしまいました…。

先日、「ポケモンGOの裏技&テクニック14選」にてGPSの精度を下げてタマゴを孵化させるネタを書きましたが、ウロウロするレベルでなくワープするレベルでの不安定さであるなら、やめておいた方が無難かと思います。

目次にもどる

ペナルティを受けないようにするためには


このようにポケモンGOの位置情報に関する不正の判定基準はちょっとシビアすぎる気がしないでもないですが、できるだけペナルティを受けないようにするためにも以下の工夫をしてみるといいかと思います。

・新幹線、特急など高速で移動する際には、アプリを停止しておく。
・端末のGPSの精度をあげておく。


電車での移動時間は暇になってしまいますが、アカウント停止になってしまっては元も子もありません。
移動の数時間は潔くプレイを諦めましょう。

GPSの精度を上げるためには、以下のような方法が取れます。

 崟瀋蝓廚ら「現在地情報とセキュリティ」と進んで「無線ネットワークを使用」にチェックを入れる。
たったこれだけです。これは現在地に近いWi-Fiのアクセスポイント情報などから位置情報を割り出す設定で、実際にWi-Fiに接続している必要はありません。
ここにチェックを入れるだけでGPSだけでなく、モバイルネットワークやWi-Fiから現在位置を特定するため、かなりの精度向上が見込めます。

普段Wi-Fiを利用していない方はWi-Fi接続がオフになったままの場合が多いかと思いますが、より正確な位置情報を出すためにもWi-Fi接続は常にオンにしておいたほうがよさそうです。

さて、このWi-FiによるGPSの測位ですが、ポケモンGOをやる場合にはひとつだけ注意が必要です。

Wi-FiでのGPS精度について、知恵袋に以下のような回答がよせられていました。
一言でいうと他の誰かがよってたかって集めた位置情報を参考にしているからです
それ故に、その親機がある場所に強制的に紐付けられますから
稀に、機器を持って誰かが引っ越してきたり、機器が売り飛ばされて移動したせいで、数百キロ離れたまったく関係ない場所が現在地になることがあります
あるいは、普段家でしか使ってないポケットWifi機器を外に持ち出したら、周りにいる人の位置情報がみんな自分ちになっちゃったり

たまにですが、参考になるWifi電波が少ない環境であれば、そんな珍事もあります
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12114772742

つまりご近所さんがポケットWi-Fiを持っていた場合、自分の位置情報もそのポケットWi-Fiに紐付けられてしまっているわけですから、その人が外出で持ちだした時に大幅ワープをしてしまう……ということになってしまうのです。

もし移動していないのに大幅なワープを繰り返し、そのせいで何度もペナルティを受けている場合はこの可能性も疑った方がいいかもしれません。

解決策には、ご自身もポケットWi-Fiを持つ、という方法が挙げられます。
自分自身の端末に情報が紐付けられさえすれば、ワープすることもありませんからね。

外でネットをするとどうしても通信容量が気になりますし、ワープの問題だけでなく長時間ポケモンGOをされる方にもおすすめです。

ポケットWi-Fiの人気ランキングや口コミは
ポケットWiFi 比較
こういったサイトを利用してみるといいかも。

このWi-FiでGPS精度をあげる方法は「GPSの信号を探しています」から動かない状態でも有効ですので、なかなか接続できないなぁ…とお悩みの方は一度試してみてはいかがでしょうか?
詳しくはこちらのサイトが詳細に説明されていらっしゃいます。
http://mobilelaby.com/blog-entry-pokemon-go-gps-not-found.html

目次にもどる

ポケモン出現場所の位置表示サービスまで使用できなくなりました


さてさて、位置情報の関連でペナルティを受けているのは何も個人に限ったことではないようです。

「ポケビジョン」「PokeWhere」など、ポケモンの出現場所を表示してくれるサービスが規約違反ということでことごとく使用できなくなりました。

唯一最近まで生き残っていた「P-GO SEARCH」ですが、こちらもアプリストアからは消されてしまい現在はブラウザ番だけに…

P-GO SEARCH

こちらは今でもまだ使えるようですが、いつサービスが停止されてもおかしくないですね〜。

というか、公式でも堂々
お目当てのモンスターが出現したら、その場所に車で素早く駆けつけ、ハザードを焚いてゲットに勤しんでください。
https://magical.kuku.lu/?num=100

こんなことを書いてしまっているので、もっとオブラートに包もう、うん(笑)

目次にもどる

まとめ


そんなわけでポケモンGOの位置情報に関する規制がちょっと厳しすぎるため、GPSの精度を上げたりなんなりで個人的に対策しましょう、ってお話でした。

今後のアプデで果たしてこの規制がゆるくなるのか更に厳しくなるのか、先のことはまだわかりませんが、心ない一部の不正するユーザーのせいで普通にプレイしているだけのユーザーが割を食らうのは納得いきませんよね。

みなさんもゲームプレイの際は清く正しく。不正して他ユーザーを出し抜こうなんて考えないようにしましょう。

目次にもどる


シェアする


こちらの記事も読まれています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント

コメントする