新着記事

2016.08.24 Wednesday

【ポケモンGO】こんなものまで!ポケノミクスが及ぼした経済効果がすごすぎる


  1. HOME
  2. 気になるコト(インターネット)
  3. 【ポケモンGO】こんなものまで!ポケノミクスが及ぼした経済効果がすごすぎる
日本でのリリースから約1ヶ月が経ったポケモンGOですが、当初の勢いこそなくなってしまったものの未だその人気は衰えることを知りません。
その経済効果は10兆円とも言われており、もはや国家予算レベルの勢い。

今回はそんなポケモンGOの与えた経済効果を、国内外問わず色々とご紹介していきたいと思います。



ポケモンGOで何が売れた?


ポケモンGOはそのゲームの性質上、「歩く」という行動をユーザーに促します。そのため自転車や歩きやすい靴を購入したという声も。






また、リリースされたのが7月下旬と夏真っ盛りな時期のため、飲み物もかなり売れたようです。





また、持っているスマホがポケモンGOに対応していない・そもそもスマホを持っていないというユーザーが新しくスマホを購入したとう声も。




最も売れたのはモバイルバッテリーではないでしょうか。




上記以外にも、こんなものが売れたようです。

日焼け止め。


スマホホルダー。


Bluetoothイヤホン。


また、最近業績不振が続いていたマクドナルドは、公式でポケモンGOと提携しほぼ全店ポケストップ&ジムになることで、大幅に売上を伸ばしたようです。
日本マクドナルドホールディングスの7月の既存店売上高は、前の年の同じ月に比べて26.6%のプラスで、客数も9.8%伸びました。期間限定の高価格のハンバーガーなどが好調でした。日本マクドナルドの約2900の店舗は、ポケモンGOの利用者がポケモン同士を戦わせたり、ポケモンを捕まえるためのアイテムを入手できる拠点となっています。このため、ゲームをしようと来店する客が増えたとみられています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_economy/articles/000080690.html

目次にもどる

ポケモンGO人気に便乗する人たち!


これだけ色々なものが売れるのですから、そりゃあ商売をしていらっしゃる方々は黙っていません。
ポケモンGO人気に便乗してお金儲けをする方々も大勢いらっしゃいます。


画面割り放題!?ポケモンGO専用iPhoneレンタルサービス
1日49円で画面割放題iPhone5sレンタルを。iSharing(アイシェアリング)
iPhoneを買わずに借りる、新しい使い方を提案するiSharing(アイシェアリング)
iPhone5sは月定額1,480円(1日約49円)で利用可能
利用中の画面割、故障、水没などを全て無料交換します。


ルアーモジュールで集客!
ポケモンGO、集客に貢献 商店街が自腹で有料アイテム:朝日新聞デジタル
スマートフォン用ゲーム「ポケモンGO」を使った集客イベントで、7月30日と31日、大阪市旭区の千林(せんばやし)商店街に多くの愛好家が「出現」した。客足はふだんの休日の2〜3倍で、企画した商店街振興組合IT部長の柏木孝之さん(49)が経営するカバン店は31日、売り上げが1・7倍に。日本茶店では、抹茶ソフトクリームが3倍の150個以上売れたという。


アングル:ポケモンGO、「一大集客ツール」に化ける可能性 | ロイター
ニューヨーク州ロングアイランドにあるピザ屋は、ポケモンのキャラクターを店に引きつける機能を起動させることで、売り上げが週末にかけて75%も急増。ニューヨーク・ポスト紙によると、同店のマネジャーはポケモンのキャラクター10個以上を引きつけるのに10ドル支払ったという。


【最新海外事例 vol.3】ポケモンGOマーケティング編
アメリカにあるシンシナティ動物園では、園内にある26個のポケストップと2個のジムをSNSでアピールすることで動物園への集客を行っています。動物園の園内マップにポケストップとジムの場所を組み合わせたマップを、ポケモンGOユーザーへ向けてTwitterで公開。地元メディアでは「動物よりもポケモンが目当てで来た」というお客さんの様子が報道されているようです。
色々な場所でポケストップを利用して集客を行っているのは分かったけど、どうやってポケストップを探せば良いの?というあなた。飲食店などの口コミサービスである「Yelp」では、「ポケストップ」の検索フィルターを導入しました。


目次にもどる

株価への影響は?


ここまで色々な経済効果があると、当然株価への影響も気になりますよね。

ポケモンの生みの親である任天堂やポケモンGO開発のナイアンティックのみならず、パンやハンバーガー、漫画などポケモンの名を冠したものを販売する企業の株式も軒並み買われている現状。
流行に周りが見えなくなり、かすっている程度の関連銘柄まで買われているというから驚きです。

最も伸びている関連銘柄は、やはりモバイルバッテリー関連。
口コミで最も目立ったのがモバイルバッテリー分野です。
ツイッター上での口コミの数は断トツであり、高い潜在需要が感じられました。

モバイルバッテリー関連は、本格的なVR相場になる場合に伸びしろがある分野。
ポケモンGOの相場が落ち着いても、監視する価値があります。

モバイルバッテリー銘柄について補足しておくと下記が代表的です。

・ソニー(6758)
・エレコム(6750)
・パナソニック(6752)
・日本マクセル(6810)

また、スマートフォングッズを運営するHamee(3134)も関連銘柄と言えそうです。
ソニー(6758)はVR関連でも主軸です。
ポケモンGO(ポケモノミクス)関連銘柄に関する口コミ総まとめ

上記の「初めての株とIPO投資ブログ」によると、ポケノミクスに関する相場はネガティブな声が増えてきましたが、ポケモンGOより生まれる新しいビジネスモデルには投資の価値ありとのこと。
たしかに位置情報やVRを利用した広告・ビジネスは今後どんどん注目されてきそうです。

目次にもどる

まとめ


リリース直後に比べると勢いはなくなってきたものの、未だに各方面へ様々な影響を及ぼしているポケモンGO。
夏休み中ですので8月いっぱいはまだまだ人気が続きそうですが、9月に入るとどうなるのでしょうか…?
これからはライトユーザーが抜けてコアなユーザーに絞られてくる時期ですので、今までとは違ったものが売れてくるかもしれませんよね。
また涼しくなってくると、日焼け止めや飲み物に変わって別のものが売れるようになるかも。

私的にこのブームは昭和の頃を彷彿とさせる国民全体の一体感を感じるので、まだまだ衰えないでほしいなあと思っているところです。

目次にもどる


シェアする


こちらの記事も読まれています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント

コメントする