新着記事

2016.08.29 Monday

形だけ婚約・結婚指輪が欲しい!安物に見えない安い指輪の選び方


  1. HOME
  2. ライフハック(その他)
  3. 形だけ婚約・結婚指輪が欲しい!安物に見えない安い指輪の選び方
近頃は「婚約・結婚指輪にお金をかけるくらいなら他に回したい」という考えの方が増えてきたようで、結婚してもどちらの指輪も無し、と言ったパターンも増えてきているようです。
実際、仕事の関係などで指輪をつけることができない場合もあるので、「身につけないものを買ってもしょうがない」という現実的な意見もあるようですね。

しかし結婚式での指輪交換で形だけ必要であるとか、婚約指輪に高いものはいらないけれど、指輪をもらってプロポーズというシチュエーションに憧れるといった理由から、「安物にみえない安い指輪」を探していらっしゃる方は大変多いようです。

今回は安くても高そうに見える指輪の探し方や、実際私自身が買ってみて高価なものに見えると周りから言われたおすすめの商品までご紹介していきたいと思います。



パッと見プラチナに見える素材とは?


指輪の素材で安いものと言えば、真鍮にメッキやシルバー、ステンレスなどが挙げられますが、この中でパッと見た目プラチナと判別がつきにくい素材は、真鍮にロジウムメッキとステンレスになります。

通常のシルバーは輝きが鈍く、アクセサリー類を見慣れている女性からすれば遠目から見てもすぐにシルバーとわかってしまうかと思います。
ロジウムメッキ加工が施してあるシルバーであればプラチナのように見えるものもありますが、本当に形だけの指輪で良い、といったコスト重視で考えるのであれば素材がシルバーである必要はなく、真鍮にロジウムメッキで十分でしょう。またシルバーは柔らかい素材なので傷がつきやすいため、ずっと付けたままでいる、といった方には不向きです。

冠婚葬祭などで何度か身に付ける機会がある、という方は、傷がつきにくく錆びにくいステンレスをおすすめします。

真鍮にロジウムメッキと、ステンレスがどのくらいプラチナに近い輝きであるのかを詳しく解説されているところがありましたので、引用させていただきます。
ステンレスは光の反射率がプラチナと同等なので、ちゃんと磨いてあればかなり綺麗ですよ。
市販のプラチナ指輪と同様にロジウムメッキをすれば、プラチナと区別はつきません。

アクセサリー店を経営しています。
いわゆるサージカルステンレス(医療用のメスなどに使用する素材)なら金属アレルギーでも大丈夫なのでおすすめできます。
おそらく「安物は見れば分かります」というレスがたくさん付くと思いますが、ちゃんとしたデザインのリングなら見ただけでプラチナと区別できません。
http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2012/0302/487980.htm?g=07
ロジウムメッキのロジウムというのはプラチナと同じ属性の(白金)金属なのです。
だからロジウムメッキ=プラチナメッキ(コーティング)と書いても問題ないんです(^^;;(詐欺っぽいですけどね)
そもそもプラチナ無垢の製品にもロジウムメッキってしているんですよ。
それはロジウムメッキってプラチナよりも明るくキレイな白なんです。
ロジウムはプラチナより白く、硬い金属で傷が付きにくいのです。
だから元が白金無垢でもメッキしちゃうんです。
本当の本来のプラチナの色ってステンレス鉄鋼!みたいな感じで色気がございません。
そこで明るいロジウムメッキをかけてやわらかい感じにしているんです。
本来、プラチナメッキというのはすっごく費用がかかるんです。
本当にプラチナメッキ(プラチナコーティング)をしている品もありますけど、これは特殊です。
だって、色を暗くしてロジウムメッキより耐性がないものをつける意味ないですよね?
するからには特別な意味があるんです。

キラキラ明るい白で光っている安いものは間違いなくロジウムメッキだと踏んでいます。
オークションで出されているものは新品でお安いですよね。
なので基本的にもとに安い金属が使われているでしょう。
何かの金属(真鍮や純度の低い銀の場合もあり)の上に銅メッキ→変色防止にニッケルメッキ→ロジウムメッキをしたものを巷では「プラチナコーティング」なあんて呼んじゃっているわけです。
プラチナコーティングって名前ちょっと高級感ありますよね。
実際はこんなもんです。
お店の人も、メーカーも本当のプラチナ複合率を知らないし公表しません。
ロジウムも白金の一種としてるのでそっちの複合率を出すところもあるでしょうね。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/2690793.html

ステンレスリングを実際に使用されている方の感想としては
私の夫は 10年間 肌身離さず身に付けてますが これといって買った時と何も変わらないような…
「さすがステンレスだけあって 丈夫だなぁ」と勝手に思ってました。
錆びる気配もありませんよ、今のところ。

ステンレスのペアリングを2年半ほど毎日着けています。

プラチナの指輪と並べてみて、一見しただけで露骨に違いがわかるという感じではありません。

傷の付き方は、まさしく「シンク」という感じです。
細かな傷は付きますが、えぐれたような深い傷はまず付きません。
変形もなく、何をするにも着けっぱなしで平気でいられます。
着けたままで家事もしますし、お風呂に入ることもありますし、海外で岩山だらけの場所を観光もしました。
http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2012/0302/487980.htm?g=07
といった感じです。

普段身に付けることは一切なく、形だけ指輪が欲しいという場合は真鍮にロジウムメッキで十分ですし、指輪にお金はかけたくないけれど結婚指輪としてずっと付けていたいといった場合にはステンレスがおすすめです。

目次にもどる

メッキの商品を選ぶ際はデザインや作りに注意!


いくらロジウムメッキがプラチナとぱっと見た目区別が付かないとはいえ、デザインによってはメッキ加工がしてあるのがバレバレになってしまう可能性があります。

例えば子供用のプラスチックアクセサリーを思い浮かべてください。
バリの残っているような雑な作りのものはパッと見ただけで安物とわかりますが、きちんと作られているものはいくらプラスチックとはいえそれなりに見えると思いませんか?
安くても高価なものに見せかけるためには、それなりのデザインでなければなりません。

例えばこれはメッキのリングなのですが



上は作りが雑で、ひと目でメッキとわかってしまいますよね。
一方で下のほうは、メッキと言われなければわからない仕上がりになっているかと思います。

作りが精巧かどうかでここまで見た目が変わってくるのですから、本当にデザインは大事。
特に上のゴールドの指輪のように、見る角度によりメッキの輝きが波打っているように見えるものはすぐに安物とわかってしまいますから注意しましょう。

選び方のポイントとしては
・細かい部分の作り方が精巧かどうか
・メッキが波打ってないか

の2つ。特に細かいデザインが入ると、安い指輪はどうしても作りが雑になりがちなので、出来る限りシンプルなデザインのものを選んだ方がいいかと思います。
爪の部分の作りは特に「安物くささ」の決め手になりますので、よく見てみるといいでしょう。

目次にもどる

ダイヤモンドに見える石は?


指輪の素材が決まれば、次は石です。
婚約指輪の定番の石と言えばダイヤモンド。
ダイヤモンドに見える石と言えば、キュービックジルコニア一択です。

キュービックジルコニア(CZ)とは、屈折率がダイヤモンドに近く、硬度もコランダムほどあるいわゆる人工石です。 一般の方ではダイヤモンドとの差が非常にわかりにくいのでダイヤモンドの模造品としても利用される事があります。
http://www.houseki.jp/cz/cz.html

キュービックジルコニアは素人目どころかプロでもパっとみただけでは区別がつかないくらいの輝きがあり、30センチほどの距離まで近づいて見たところで、専門家でも判別ができないのだとか。

ダイヤに較べて1000/1ほどの価格ですし、代替品として選ぶならキュービックジルコニア以外にはあり得ないでしょう。

目次にもどる

見られても大丈夫な距離は?


以上の条件からパっと見た目では安物にみえない指輪を購入したとして、ではどれくらいの距離までなら近づかれても安物と判別できないでしょうか?

結婚式の指輪交換であれば、列席した方々からの距離であれば確実に安物とわかることはありません。
また、レストランなどで向かいの席に座っている方に見られるのも問題ないと言えるでしょう。

隣に座るなどの距離になってくると、メッキの製品で傷がついていたり剥がれたりしているとばれてしまう可能性がありますが、新品からほとんど状態の変わっていないものであればこちらもほぼ大丈夫といえるかと思います。ただ、宝石を見慣れている方や詳しい方に見られると少し厳しいかも?

手に持ってまじまじと観察されると、メッキのものは恐らくほとんどの方にバレてしまうかと思います。真鍮はプラチナの半分ほどの重さしかなく、持った瞬間にプラチナ特有のずっしりとした重みを感じられないのです。
一方でステンレスリングはプラチナとほとんど重さが変わりませんから、デザインが精巧にできているものであればもしかすると素人目にはわからないかもしれません。

ただ、上記の条件はあくまで「見た目」に関して安物とばれるかばれないかです。本物のプラチナのアクセサリーには地金に必ず刻印がありますから、手に持って直接観察された時点で偽物かどうかはすぐにバレてしまいます。

ですのでステンレスの安物を彼女に渡して騙すようなことは、通用しないと思った方がいいでしょう(笑)

目次にもどる

実際に購入してよかった商品・レビューのいい商品


最後に、私自身が購入して「ぱっと見安物に見えなかった商品」と、レビューのいい商品を紹介していきたいと思います。どれもAmazonで気軽に買えますから、参考にしてみてください。

メッキリング

[ベラ バリー] Bella Barry ウエディング CZダイヤ リング レディース 婚約指輪(ラウンド形) サイズ:7号

新品価格
¥110から
(2016/8/29 15:30時点)



安いですがかなり作りがいいとレビューの多い商品。ただ、石が大きすぎるため逆に偽物と見られてしまう可能性もあります。

[ベラ バリー] Bella Barry テンションセッティング CZダイヤ リング 婚約指輪 サイズ:14号

新品価格
¥465から
(2016/8/29 15:35時点)



私が購入したのはこちら。本当に写真の通りのものが届きます。安いくせに細かい作りもしっかりしており、周りからもぱっと見た目は安物に見えないと言われました。
マクロ撮影うまくできないのでブレブレですが、実物はこんな感じ。

ただ、やっぱり軽いですし、後ろの刻印にバリが残っているので、手に持たれるとすぐにわかります。

レビューはありませんが上記2つと同じブランドのリングでしたら、おそらく安定した品質のものが届くのではないでしょうか。
Bella Barry (ベラ バリー) の指輪一覧

ピンクゴールドでおすすめはこちら。

(レッドバリーズ) Redbarrys ファッション 4本爪 ジルコニア リング 指輪 レディース 婚約指輪 K18 ピンクゴールド メッキ 日本サイズ 14号

新品価格
¥150から
(2016/8/29 15:44時点)



こちらも以前購入したことがありますが、作りは上記のBella Barryのものと同等です。というか、多分ブランドというより同じ商品を販売店舗を変えて売っている感じ?

以下ブランド名は違いますが、一部同じ商品があることと写真などが共通していることから恐らく指輪類は同等の商品が届くかと思います。商品ラインナップだけ微妙に違うので参考までにどうぞ。

Redbarrys(レッドバリーズ)の指輪一覧
Serenday(セレンデイ)の指輪一覧

GEORGE SMITHの指輪一覧

ZAKAKA指輪一覧


送料が高いですが送料込でも1000円以下ですので、形だけ婚約指輪を…という方にはもってこいです。しかも、デザインもかなり豊富ですので、選ぶのも楽しいですよね。

ステンレスリング

HooAMI ファションアクセサリー  ステンレスリング 高品質キュービックジルコニア 簡潔なデザイン ラインストーン付き指輪 レディース シルバー 日本サイズ:14 17.3mm-1セット

新品価格
¥659から
(2016/8/29 16:04時点)



PLATA 【 リボンライン 】 大粒 スーパーエクセレントカット ジルコニア ステンレス リング 指輪 【 13号 】

新品価格
¥2,440から
(2016/8/29 16:02時点)




ステンレスの婚約指輪風デザインのものはこちらが多く揃えてあります。
HooAMI指輪一覧



結婚指輪はこちらがおすすめ。

新色追加!細身 ペアリング【送料無料】ダイヤモンド入りサージカルステンレスリング☆プレゼントに♪選べる2色【楽天ランキング1位】【レディース】【指輪】【7号8号9号10号11号12号13号14号15号】 【FS_708-7】20P30May15

価格:1,680円
(2016/8/29 16:09時点)
感想(1233件)



このお値段で、なんと本物のダイヤモンドが入っています。(小さいですが…)ブラッジリングとしても使えますね。

ダイヤなしなら
amazon ステンレスリング

こちらから色々なデザインを検索できます。

目次にもどる

おわりに


形だけでも指輪を…といっても、やっぱりある程度の見栄えは欲しいですし、それに実際冠婚葬祭などで身につけるとなると明らかに安物といった感じの商品は身につけにくいですから、できるだけ高く見える商品を購入したいですよね。

やはりよく見れば値段なり、というものが多いですが、しかし選ぶポイントさえおさえておけば、安くても良い商品と巡りあうことができるかと思います。

目次にもどる


シェアする


こちらの記事も読まれています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント

コメントする