新着記事

2017.04.16 Sunday

口臭の原因はあれだった!?食事中に水分を摂る人はヤバイ……!


  1. HOME
  2. ライフハック(その他)
  3. 口臭の原因はあれだった!?食事中に水分を摂る人はヤバイ……!
みなさん、口臭って気にしたことありますか?ありますよね。特にうら若き乙女のみなさんとか、年頃の娘さんを持つお父さんとか。気にしてない人は逆に気にしましょう。頼むから気にしてくれ、お願いします。
そんな前置きはさておき。口臭って誰にでも起こりうるんです。今臭ってなくても。



キレイなお姉さんでも臭ってる


学校や会社で気になる、あのキレイなお姉さん。

すれ違うとふわっといい匂いのする、キレイなお姉さん。

笑うと真っ白な歯が素敵な、あのキレイなお姉さん。

そんなキレイなお姉さんでも、口はめっちゃ臭い可能性があります。

そ、そんなわけない……っ!!
そんな……!僕のアイドルが……!!!僕の天使があああああ!!!!





でも臭うものは臭いますしね。

どんなに歯磨きをきちんとしていても、口臭に気を使っていても、臭ってしまう原因があったのです。
それがキレイなお姉さんであっても、大天使・橋本環○ちゃんであっても。(橋本○奈ちゃんが本当に臭うかどうかはさておいて。)

その原因は、生理的口臭にありました。

目次にもどる

生理的口臭ってなんぞや


生理的口臭とは、生きている以上避けることができない口臭のことです。
当然筆者もプンプン臭っていますし、これを読んでるみなさんもプンプンですし橋本環○ちゃんだってプンプンしているのです。

そもそも口臭ってのは、細菌がタンパク質を分解するときに出るそうで、タンパク質って言ったら食べかすとか、粘膜とか、そりゃあもう口の中はタンパク質だらけなわけですから、口臭を完全になくすことなんて不可能ってことなんですよ。アキラメロン。

特に唾液の少ない時は細菌の量が増えてタンパク質の分解が活発に行われますから、起床時、空腹時、緊張時なんかの口がカラカラになっている時は口臭が出やすいとも言えます。
そう言えば朝起きたとき、なんか口臭いなーなんて心当たりはありませんでしょうか?

もうひとつ、舌が白くなっている「舌苔」も口臭の原因だったりします。
歯磨きは意識してやっても、舌苔まではあまり意識していない方も多いんじゃないでしょうか。


目次にもどる

虫歯とか歯周病なんかでも臭う


虫歯や歯周病っていうのも口臭の原因のひとつです。
これはご存知の方が多いかもしれません。

歯周病や虫歯を放っておくと、それこそお口の中が細菌だらけになるわけですから、お口が臭ってくるのも当然のこと。
中高年に口臭が多いのも、忙しさでつい治療をさぼって虫歯が進行してしまったりだとか、免疫が落ちて歯周病になっちゃったりだとか、あと代謝が落ちて唾液が減ったりだとかが原因なのです。

しかしこれは生理的口臭とか防ぎようのないものではありません。
いわば自己の怠慢が招いた結果のひとつなのです。

え?私ですか?
……最後に歯医者に行ったのはいつだろう……。

目次にもどる

口臭をなんとかする


というわけで、口臭をなんとかする解決策は、なんとなく上記の説明だけでもわかっていただけたかと思います。
では具体的にどうしたらいいでしょうか。

なによりもまず気をつけたいのが、唾液の量を増やす!ということです。
唾液の量を増やすには…

  • リラックスをする
  • 緊張時に唾液が減るのであれば、リラックス状態にあれば唾液の量が増えるということ。そうは言っても、面接とかスピーチとか、どうしても緊張する場面に当たる時ってありますよね。そんな時は口に刺激を与えてみましょう。

  • 口に刺激を与える
  • では具体的にどんな感じで口に刺激を与えるかというと、例えば舌を動かしたりだとか、手で頬をぐりぐりしたりだとかで、唾液腺を刺激してみましょう。ガムを噛むのも良いみたいです。
    なんか子供の頃、犬歯の裏を舐めたら唾液めっちゃ出る、なんて話があって実際やってみたらすごい勢いで溢れ出てびっくりしたことがあります。ていうか今舐めてもめっちゃ出ました。というわけで犬歯を舐めるのなんかは手軽にできる唾液腺の刺激かもしれません。

  • よく噛んで食べる
  • 食事の基本ですね。よく噛んで食べると唾液がいっぱい出るだけじゃなく、あわよくば痩せたりなんかもするみたいなので、モリモリ噛んで食べましょう


以上が唾液を増やすのに効果的な方法です。

もうひとつは、歯磨きと一緒に舌磨きをする!ということです。
舌磨きっていうとピンとこないかもしれませんが、要は舌についたあの白い舌苔をこそぎ落とすってことです。

しかーーーし!
歯ブラシで舌をゴシゴシするのはNGですよ!!!

舌はよーーく見ると、舌乳頭というブツブツがあるのが確認できるかと思います。
歯ブラシでゴシゴシするとこの舌乳頭を引きちぎり、血がにじんでしまうことも……。
口内を傷つけて細菌を繁殖させたらもとも子もありまへんでんがなまんがな。
あと、歯磨き粉もスクラブが入っていたり、研磨剤が入っていたりするので、デリケートな舌に使うのは絶対に駄目です。
歯磨き粉&歯ブラシのコンボで舌磨きを続けた結果、味覚障害になったなんて話もあるので恐ろしい話ですぞ。
そんなわけで舌磨きには専用のクリーナーを使いましょう。



潤いベロのクリーナー


筆者おすすめは↑これ。
ドラッグストアで買えるような市販品ってプラスチックだったりしてイマイチ効果が実感できないのですが、これはチタンなので本当にごっそり取れて嬉しくなります。

Amazonの人気ランキングで、

舌ブラシ W-1 (ダブルワン) (色はおまかせ)

新品価格
¥306から
(2017/4/16 13:05時点)




舌ブラシ W-1てのがあります。が!!これは地雷です(笑)
確かに、取れます。ごっそり取れて爽快です。確かに取れるんですけど……。

めっちゃ舌乳頭に引っかかる!!!
引っかかって取れなくなって、その結果泣きながら(比喩ではなく本当に泣きながら)ブチブチと舌乳頭を引きちぎりました。
まさに諸刃の剣。

購入の際は自己責任、ということで……。

会議やデート前なんかの時間がない時は、


3大口臭ケアを同時に!薬用オーラクリスターゼロ


こういったひと吹きで舌の臭いを抑えられるものがおすすめです。
コンビニなんかで買えるブレスケアは、あまり効果が持続しないイメージ。香りを上書きするような一時しのぎ的なものではなく、根本から殺菌してくれるものを選んだ方が効果が長持ちします。


目次にもどる

食事中に水分を摂る人は要注意!!!!


食事中は口の中が刺激されるので、普通は唾液の分泌量が多いものです。
しかし!

食事中に水分を頻繁に摂る方は要注意!!!


食事中に水分を摂ると、脳が唾液が十分足りていると判断し、唾液の分泌を抑えてしまいます。
これが日常的になると、唾液腺を刺激しても唾液が出ない体質になってしまう恐れが……

そういえば唾液の分泌量が少なくなったと心当たりのある方、もしかするとそれは、食事中に摂取している水分のせいかもしれません。

目次にもどる

何をしても口臭が治らない、そんな時は


何をしても口臭が治らない、そんな時は思い切って口臭外来を行っている歯科医院に足を運んでみるといいでしょう。
特に唾液の分泌が少なくなっている人は必見です。




↑まずは無料で口臭測定だけでもされてみるといいかもしれません。

目次にもどる


シェアする


こちらの記事も読まれています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント

コメントする