新着記事

2016.02.28 Sunday

アイロンいらず!カールドライヤーだけでサラサラストレートにする方法


  1. HOME
  2. ライフハック(その他)
  3. アイロンいらず!カールドライヤーだけでサラサラストレートにする方法


みなさん朝のヘアセット、どれくらいの時間をかけていますか?
くせ毛の強い方などはアイロンをしてブローをしてブラッシングをして……と、かなり時間がかかってしまうのではないでしょうか。

今回はくせ毛の強い方でも、カールドライヤーだけでほとんどくせ毛が目立たないようにするブローの方法をご紹介します。





どのくらいのくせ毛までなら直せる?


この方法で直るくせ毛の強さがどれくらいなのかは、正直筆者自身と夫の二人しか試していないので定かではありません。

しかし二人共かなりの剛毛でくせ毛が強いことは間違いありません。

筆者自身は寝起きだとチリチリアホ毛立ちまくり、髪が長いので重みのおかげでウエーブはあまり出ませんがゆるやかなうねり髪です。

一方夫は真正のがっつりくせ毛。剛毛な上チリチリ気味で、全体的に強いくるくるです。

ちなみに何もしないとこんな感じ。


今回はそんながっつりくせ毛の夫を実験台に、ブローの仕方をご紹介します。

目次にもどる

下準備はなにもしないこと


せっかくですので寝起きで爆発状態のところから始めてみましょう。

横から


前から。

ものすごく爆発。朝起きて時間がないとき、こんな状態たとかなり絶望的です。

ちなみに髪は、完全に乾ききった状態にしておいてください。
くせ毛直しのスプレーのような、余分な水分はつける必要はありません。
むしろ剛毛の方は自覚があるはずです、湿気など水分がある方が髪がうねると。

目次にもどる

早速やってみよう!


まずはドライヤーをゆっくりと上から下にあてていきます。髪の毛をできるだけ温めてください。


ドライヤーを通したら、髪の毛が温かいうちにすぐに上から手で髪の毛を押さえつけます。


熱いと思う場合はタオル越しなどでもOK。

そのまま髪の毛が冷めるまで手を当てたままにしておいてください。

髪の毛が冷めたら手を離します。
これだけでかなり落ち着いているはずです。

髪の毛が長い方は根本から毛先にかけて、ゆっくりとスライドさせるように、ドライヤーを当てながら髪の毛を押さえつけていきます。


こんな感じ。

頭皮より下の方まできて押さえつけることができなくなってきたら、髪の毛をぐいっと引っ張るようにして冷めるまで待ちましょう。


これを繰り返すだけで、かなり落ち着いてきているはず。

ちなみにここまででこんな感じに仕上がりました。


目次にもどる

どういう仕組み?


髪の毛は熱い状態から冷めて行く時に、形が決まります。
ですのでそれを利用して、髪の毛に真っ直ぐの癖を付けていくのです。

もちろん逆も可能。
ウェーブをかけたい時はカールドライヤーで髪の毛をくるくる巻いたまま温め、固定した状態で電源を切り冷めるまでに待つと自然なカールに。

目次にもどる

仕上げ


夫の髪の毛のセットの続きに戻ります。

このままでもかなり落ち着いていますが、まだアホ毛が気になります。


生え際を中心に、更に同じことの繰り返し。


これで完成です。


いかがでしょうか。

これが


こんなに落ち着きました。


もちろん手触りもサラサラ。チリチリの毛も少し落ち着きます。

目次にもどる

おわりに


いかがでしたでしょうか。
冷めるまで待つと言っても、少しずつ毛束を取ってゆっくりアイロンをかけていくよりはかなり時短になるはず。
アイロンだと、温まるまでに時間がかかりますしね。
また、不自然なぺたんこのストレートにならず、ふんわりとしたボリュームをキープしたままくせ毛が直せるのも、カールドライヤーのいいところです。

普通のドライヤーでもくしを通しながら手で押さえつけるという器用なことができるならば可能ですが、一人だとちょっと難しいかもしれません。

とても簡単にくせ毛を直すことができるので、是非お試しください。

目次にもどる


シェアする


こちらの記事も読まれています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント

コメントする