新着記事

2016.02.29 Monday

COOPの「国産麦茶」を飲んでみたよ


  1. HOME
  2. 商品レビュー(COOP製品)
  3. COOPの「国産麦茶」を飲んでみたよ

今回ご紹介するのはCOOPの「国産麦茶」。

国産品なのに52袋入りが2つで350円程度と大変お買い得な一品です。

そんな「国産麦茶」についての情報をお届けします。




パッケージ


まずはパッケージ
パッケージはこんな感じ。
写真を撮る前に開封してしまうという失態をおかしてしまいました、申し訳ありません。
COOP国産麦茶

COOP国産麦茶
裏面です。
当然ですが原材料は大麦のみ。

作り方も書いてあります。
お湯出しだと1.5リットル、水出しだと1リットルとのこと。

目次にもどる

作ってみると


我が家は息子にもあげるのでお湯出しで2リットルと薄めに作っています。

しかし薄めず規定量で作った場合も、スーパーでよく見る伊藤園の麦茶ティーバッグと比べると、少し、…いえ、かなり薄いかな?という感じ。
確かに中身もちょっと量が少ないかも。

特に水出しで作ると全然麦茶の味がしません……。

というのも伊藤園の麦茶ティーバッグだと、規定量1リットルであっても二リットル余裕で作ることができる上に丸一日漬けておくと真っ黒に。

ついけん
参考情報です。

一方、COOPの「国産麦茶」を丸一日水出ししたものがこちら。

かなり薄ーい色。実際味もほぼしない感じ。

実際、ティーバッグ自体のサイズも小さめといいますか、内容量が少なめに思えます。

2パックつづりずつ入ってます。

目次にもどる

おすすめはむずかしい


うちは子供も飲むためこれくらいの薄さで丁度いいのと、私が麦茶の味が主張しすぎるのが好みでないので、COOPの麦茶はストライクなのですが、濃い味が好きな方にはおすすめできません。

正直小さな子供がいるご家庭や、国産へのこだわりがある方以外は別の商品のほうがいいのではないかと思います。

不味いわけではないけれど、とにかく薄い。作り方に書いてある規定量で作っても薄い。

麦茶の味を楽しみたい方は水の量を少なめにして濃く作るか、そもそも買わないほうがいいと思います。

目次にもどる

麦の産地について


麦の産地は宮城・茨城・群馬・栃木・埼玉と、ちょっと福島原発の影響が気になる産地。
一応、COOPの公式でセシウムの量は検査されていて、検出されずという結果が出ています。
放射性物質の検査状況|放射性物質による食品汚染問題への取り組み|生活協同組合コープこうべ

古い情報ですがこちらでも検出されずという結果。
コープの麦茶 不検出|「たけのこ幼稚園*放射線測定室」のブログ

とりあえずは安心できそうですが、それでも東日本のものはちょっと……という方は避けたほうがよさそうです。

目次にもどる


シェアする


こちらの記事も読まれています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント

コメントする