新着記事

2016.03.01 Tuesday

トップバリュのベビー用紙おむつを買ってみました


  1. HOME
  2. 商品レビュー(日用品)
  3. トップバリュのベビー用紙おむつを買ってみました

ある日イオンモールへ行った時のことです。
なんだか、ベビー用品のコーナーに見慣れないおむつが……




トップバリュブランドのおむつ


メリーズにパンパース、ムーニーにGOONと、見慣れたオムツに混じってすごくシンプルなデザインのパッケージが。
なんだろうとよくよく見てみると、なんとイオンのPBであるトップバリュのオムツ!こんなのあったんですね。
知らなかった。


目次にもどる

かなりお安い価格設定


Lサイズ42枚入りで税込み696円。
一枚あたりにすると16.6円です。
通常のラインナップのオムツの中でも比較的安価なマミーポコと比べてみましょう。
AmazonではマミーポコのテープタイプLサイズが54枚入りで949円、1枚あたり18円ですから、これってかなりお安いんじゃない!?

目次にもどる

安すぎるけど大丈夫?


でもこれだけ安いと、外国産とか何か裏があるんじゃないの〜??と思い、パッケージをなめ回すように見てみましたがなんと国産品とのこと!

でもなー、国産品でも、マミーポコのように福島工場で作られてる可能性もあるし、なんだか胡散臭い。
そこでグーグル先生の登場です。

目次にもどる

生産工場は?


あまりはっきりとはわからなかったのですが、どうやら生産しているのはGOONと同じ王子製紙。
GOONって、国内では愛媛の工場で生産しているらしいんですが、タイと中国にも工場持っててほとんどが海外製とのこと……ってことは、国産品って書いてあるし、確実に愛媛工場で作ってるって考えていいんですかね??

それならどこ産が当たるかわからないGOONより安心安全な気がします。
早速買ってみることにしました!

目次にもどる

早速開封


パッケージです。赤ちゃんのお目目キラキラ。ちょっとフォトショしすぎじゃないですかね(笑)


中身は可愛らしいピンク色系統の音符が印刷されています。


テープ部分も数種類の柄があって可愛らしい感じ。


どことなく女の子向けなイメージですね。

といっても、うちの子供は男の子ですが、まだそんな色とかデザインとか気にする歳でもないので(笑)気にせず着用させていただきます。

目次にもどる

手触り


GOONと同じ会社が作っているという情報や、GOONに似た手触りというレビューを読んでいたので結構フワフワな感じを期待していたのですが……
これに関しては悪い意味で裏切られました。

全然GOONに似た手触りじゃないよ〜……。

どちらかというとマミーポコ。あの、いかにも紙!って感じのゴワゴワの手触りです。

マミーポコよりは多少マシ……?って程度なので、やはり安いなりですね。

うちの子は幸い、どのおむつでもかぶれたりしないので無駄になることはないですが、赤ちゃん的にゴワゴワの紙おむつって履き心地とかどうなんですかね〜?

そういうのを気にしない子なら、問題なく履けると思います。

目次にもどる

伸縮性とか


オムツの作りは確かにGOONに似ています。後ろの感じとか、ウェスト部分の作りとか。


あと、ヒダが大きめにとってあります。
ただ、ゴワゴワとした紙っぽい感触からどことなく伸びが悪い印象も。
通気性や吸水性も、少し落ちそう。

こればかりはしばらく付けてみて、肌との相性を見ないとわからないので何とも言えません。

目次にもどる

小さめな気がする


それより問題なのはサイズかも。
Lサイズとありますが、履かせた感じ、GOONのMをほんの少し大きくしたくらいの印象。
テープの固定位置も、おへその隠れ具合も、GOONのMサイズとあまり変わらないのですが……。本当にLサイズ?
確かに足ぐりのところは余裕があるけれど、全体的な、おしりを包み込む具合は気持ち小さめな気がします。
お腹周りが大きめな子はちょっときついかもしれない。

目次にもどる

最後に


サイズとか、少しの問題はありますが、値段を考えるとかなりのコスパのよさかとおもいます。
特に、国内産で愛媛工場で作られているというのは安心できますよね。
私としては、これからはこちらに乗り換えてもいいかなあと思っているほど。

しかし手触りがアレなので、ひとパック使い終えて、息子のおしりの具合と相談してからになりそうです。

かぶれやすい赤ちゃんや柔らかめの素材を好む赤ちゃんには合わないかもしれませんが、お値段を考えるとおすすめの一品。
イオンを訪れた際はお試しで購入してみてもいいかもしれません。

目次にもどる


シェアする


こちらの記事も読まれています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント

コメントする